下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因・女性ホルモン

下痢の原因はホルモン
下痢の原因
は数多くあります。病院で検査を受けても病的でないものの、下痢に悩む人は後を絶ちません。では下痢の原因はいったいどんなところにあるのでしょうか?
下痢が続く原因は腸内環境に

精神的なものが原因で下痢になる人は多いものですが、現代では食べ物による下痢の原因が増加の一途を辿っています。

しかし、身体そのものの作りから下痢になる場合があります。それはホルモンが下痢の原因となることがあります。
下痢が続く原因はコラーゲンに2

下痢の原因は閉経後のホルモンの変化
女性は閉経前後に女性ホルモンのバランスが急激に変化します。それによって現れる更年期障害による体の不調が現れます。更年期障害は50代女性に多く、だるさや頭痛・めまい、倦怠感といった体の症状から、イライラなどの精神症状も現れます。
更年期障害からくる下痢
また時には更年期障害により、便秘や下痢になることもあります。

近年、更年期特有のなんとなく不調である状態が 、20 代、30 代の若い女性にも増えてきています。更年期障害は、老化で卵巣機能が低下することで女性ホルモンの分泌が不足することがきっかけとなります。脳は女性ホルモンの不足を感知すると、それを出そうとして働きます。
下痢で辛い
しかし女性ホルモンが十分作られない体なのに、脳が指令を出し続けると、体が混乱して次第に自律神経のバランスを乱してしまうのです。自律神経のバランスが崩れるとおなかの弱い方は下痢になることがあるのです。
臨月の下痢

女性ホルモンがとは
女性ホルモンは、月経周期や妊娠・出産など女性には必要なものです。それだけではなく、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果もあり、女性が男性より寿命が長い要因の一つに、女性ホルモンで守られていることが挙げられます。

ちなみにこの女性ホルモンの分泌は一生分でスプーン1杯程度。女性の体にも男性ホルモンが分泌されているように、男性の体にも量は少ないものの女性ホルモンが分泌されています。

一般に20~30代はこの女性ホルモンの分泌がピークを迎えるため、更年期障害とは無縁なのですが、なかには若い女性でも、ストレス や不規則な生活などが原因により自律神経が乱れて、更年期障害のような症状が出る人が増えています。そしてこの状態は「若年性更年期障害」と呼ばれることもあります。

更年期障害は女性ホルモンが分泌の変化により自律神経が乱れることで起こるのに対し、若年性更年期障害は、生活習慣の乱れがホルモンバランスや自律神経を乱し、更年期障害と似たような症状が出るものとなります。
更年期障害からくる下痢
若年性更年期障害は次のような生活が原因になるとされています。
•睡眠不足
•ダイエットなど栄養バランスが偏った食事
•ストレスが多い・・・など

これらの項目に当てはまる人で、身体に不調を感じている人は、まずは生活習慣を整えることが大切になります。特に20~30代の女性は仕事や子育てに奮闘している人が多くなり、心身ともにストレスを抱えてしまう傾向にあります。

また若年性更年期障害を経験した人は、更年期障害の程度がひどくなりやすいともいわれています。いずれ訪れる更年期を快適に乗り越えるためにも、今から女性ホルモンのバランスを整えていくことが重要です。

注意したいのが、生理不順や生理が止まるなどの症状がある場合です。こちらは、女性ホルモンや卵巣の機能にも影響が出ている可能性があります。卵巣機能の低下をそのままにすると、早期閉経に至ることもあり、妊娠・出産ができない体になります。
貧血から来る下痢
また女性ホルモンが低下することで、骨が弱くなったり、血液中の中性脂肪が上がりやすくなるなどの健康への悪影響も。生理に異変を感じたときは、早めに産婦人科医に受診をするようにしてください。腸と脳には密接な関係があり、脳がストレスや不安を感じると、そのシグナルが腸に伝わって腸の働きに影響が及んでしまうのです。
 
生理中に下痢になる
生理周期は、約5日間の「月経期」から約8日間の「卵胞期」を経て排卵し、約15日間の「黄体期」を経て、また月経期へと戻ります。排卵の前後で、体内では女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されます。
下痢が続く原因
プロゲステロンには、子宮の収縮をおさえる作用なのですが、しかし、子宮だけでなく腸にも作用してしまい、便をスムーズに移動させるための腸の収縮運動も抑制してしまうため、黄体期には便秘がちになるという人もいます。

一方、生理が始まって月経期に入ると、プロゲステロンは減少。今度は子宮を収縮させる作用があるプロスタグランジンという物質が体内で分泌され始める。

プロスタグランジンも子宮だけでなく腸の異常収縮を促すことがあり、下腹部痛を伴う下痢を引き起こしてしまうことがあるのです。
下痢の原因は栄養失調
ある調査では、生理年齢にある女性の15~20%の人が生理時に下痢をしてしまう事があるそうです。プロスタグランジンのほかに、自律神経のバランスが崩れると腸が不調になってしまうこともあり、生理によるストレスが原因でお腹がゆるくなっている可能性もあるようです。
下痢が続く原因はコラーゲンに1
生理前の下痢の対処法
下痢になる人は刺激物や吸収されにくいものなどを避けましょう。具体的には、辛い食べ物やコーヒー、冷たい飲食物は消化管を刺激してしまうので避けてください。

また、「糖類」や「人工甘味料」が含まれている食べ物も、水分を腸にためる作用があるため、生理中は控えめにしたほうが良いです。特に、菓子やガムなどに使われている人工甘味料の中には、吸収されにくくお腹をゆるくしてしまうものもあるので要注意です。

また、早食いや食べすぎの場合も、消化不良を起こして腸を刺激するガスが発生してしまうという。食事では腹八分目を意識し、ゆっくりと味わって食べましょう。

そのほか、腹部をあたたかくして体を冷やさないことも対策の1つです。冷えの改善は下痢に限らず、生理痛にもよいといわれます。また、急な下痢の症状で困ったときには、下痢止めの薬を飲んでもよいでしょう。水なしで飲める下痢止め薬もあるので、携帯しておくと安心です。
下痢が起こる原因は大腸がん
腸内環境を強化しよう
「元気の元は胃腸から」昔から言われているように、健康で病気知らずの人は胃腸がとても元気です。ある医学博士は腸が汚れると病気になると言われています。

それほど腸は健康に関与しています。腸が元気になれば自然と下痢も改善するのです。腸内環境を整えて腸を元気にするサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因