下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因・・食品添加物の害

下痢の原因・・食品添加物の害
下痢になった、下痢が長く続く、下痢がなかなか治らないなど、下痢の原因がはっきりしないことが多いものです。
下痢の原因を考えよう3下痢が続く原因
しかも下痢の原因は病院へ行ってもなかなかみつからず、薬である程度治まるものの、又再発してしまい、原因究明と完治には程遠いものとなっています。更に悪いことに年々下痢で悩む人は増加し、特に若者の間では急増しています。中には社会生活に支障をきたす人もいるほどです。
下痢の原因は糖分の摂りすぎ
こうした下痢の原因の背景の一つに食品添加物が挙げられています。現代は食品添加物のないものを探して食べようという事はなかなか困難な事です。

というのも添加物なくしては安価で美味しい加工食品が作れないからです。私達が食べる殆どの食品は加工食品のオンパレードといっても過言ではないのです。パン、調理パン、ハム、かまぼこ、菓子類、麺類、調味料、挙げればきりがありません。
下痢の原因を考えよう2
加工食品には合成着色料、合成保存料、発色剤、粘着補強剤など多種類の食品添加物が使われています。最近使われている食品添加物は一定の基準を満たしていますが、複数の食品添加物を同時に摂取した場合や、長年にわたって摂取し続けた場合の弊害は確かめようがありません。

急増している過敏性腸症候群、アトピー性皮膚炎、花粉症、の原因の一つに食品添加物をあげている専門家もいます。

なぜ、体に悪影響を及ぼすのか、それはこれら食品添加物すべてが腸内細菌の発育や増加に悪影響を及ぼしている事が確認されています。

特に合成保存料は食品に付着した細菌の増殖を抑える物質なので、これを摂取し続けると腸内細菌のすべてが元気を失い、腸内細菌数が減り、腸内フローラ(腸内善玉菌の集まり)は打撃的な損傷を受けることになります。それで腸内環境も悪くなり、ますます下痢をし易い環境の腸となってしまうのです。
001
味噌汁、納豆などに含まれる麹菌や、納豆菌を食べている人、サプリメントなどを上手に利用している人と様々な食品添加物が混入した加工食品を食べている人では、体の健康、心の健康に大きな差が出てくる事は明らかです。

加工食品ばかり食べている人はガンなどの生活習慣病になるリスクが高く、うつ病に代表心身症になる確率も高まります。そして何よりも加工食品を多く食べている人はセロトニン、ドーパミンという「幸せ物質」が作られにくく不健康な環境で生きることになってしまうのです。

大量生産大量販売によって加工食品はどこでもいつでも手軽に買う事ができます。しかし、安易に食べ続けていると、腸や体のすべてに悪影響を及ぼすことになるのです。

まずは自分にできる事から始めるのは賢明な事です。サプリメントを利用しながら改善していきましょう。必ず治るはずです。諦めないで続けましょう。
下痢を改善する腸内細菌
下痢の原因を取り除き、体質改善を試みよう
下痢の直接の原因は何といっても腸内環境が非常に悪くなっていることです。腸内環境が良好であれば、食べた物やストレスを巧く回避できるようになっています。

腸はヒトの体で最も複雑な所である事が分かってきた事から、最も大切な所であると考えられるようになったのです。この腸の特殊性、複雑性が実は腸の病気が増えてきたり、治りにくかったりする、大きな理由である事が分かってきました。

ですから腸内環境をしっかり整える事を最優先する事が重要です。腸内環境を良くするサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢の改善は一段と早くなります。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因