下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

悪循環の下痢の原因

下痢の原因は悪循環に!
下痢が原因でトイレに
下痢の原因は交感神経と副交感神経の働きのバランスが乱れる結果、起きることが多いものです。
腸の働きは自律神経の影響を受けているので、ストレスによる自律神経の失調は腸の不調を招くことになるのです。
脳内ホルモン
このような時、腸内環境は決して良好ではありません。
腸と脳は自律神経で繋がっており、腸管の運動は自律神経のバランスによってコントロールされています。

下痢の原因を改善するためには、交感神経と副交感神経の働きがどちらも高くバランスのよいことが理想です。 ところが、刺激やストレスが多い現代人の生活は、どうしても交感神経、副交感神経が乱れがちで、どちらかが優勢になったり、劣勢になったりし、下痢の原因へと発展します。

このまま生活を続けていると負のスパイラルで下痢の改善は一向にできません。下痢はどんどん悪くなって、連鎖的に悪循環となります

 自律神経のうち副交感神経は、腸液の分泌や、腸の動き(蠕動運動)を促しています。ですから下痢の原因として副交感神経がはたらき過ぎると、腸液の分泌や腸の運動が行き過ぎてしまい、その結果、下痢や腹痛などの症状を引き起してしまうのです。

つまり副交感神経が働きすぎるとアクセルの働きをし、腸の働きが加速し下痢の原因となるのです。
若者の腸が危ない
まだ、下痢や腹痛などの症状だけなら、大腸のはたらきが悪い状態ですみますが、その状態がしばらく続くと、いずれ大腸そのものが壊れてきます。負のスパイラルが起き、やがては重篤な腸疾患へとつながるのです。

というのは副交感神経のはたらきが強まり、交感神経のはたらきが弱まると、ストレスに弱くなります。

皮膚や粘膜など、外界と接する臓器が過敏になり、ちょっとした刺激で炎症を起こします。いわゆるリンパ球などが関係するアレルギー性の炎症が起きやすくなります。この炎症が胃で起これば胃炎・胃潰瘍、大腸で起これば潰瘍性大腸炎です。

腸の粘膜が炎症でただれ、潰瘍や出血が起こるので、粘血便が出てきます。潰瘍性大腸炎は、大腸の副交感神経のはたらき過ぎによる病気です。

 副交感神経がはたらき過ぎを招く生活習慣をしていた上に、大腸の感受性が高い人が、さまざまなストレスに対する反応として、潰瘍性大腸炎という形になったのです。

したがって私たちの多くは、下痢を改善するためには積極的に交感神経の働きを上げ、自律神経のバランスを整えなければなりません。

腸内環境を整え、きちんと動くきれいな腸にすると、腸と脳は直結していますから自律神経も整い、負のスパイラルは正のスパイラルに変わり、良い連鎖反応が起きて、下痢は自然と改善されていきます。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
まずは腸内環境早急に整え下痢の原因となる負のスパイラルを正のスパイラルに変えましょう。腸内環境を整えるサプリメントを上手に利用すると下痢改善の早道になります。


PageTop

「下痢の改善方法」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因