下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因・・脳と腸のアンバランス

下痢が続く、下痢と便秘の繰り返し、食後に必ず下痢になるなど下痢に悩まされる人は多いものです。こうした慢性的な下痢の症状の7割は過敏性腸症候群かその疑いが強いと診断されています。
下痢が続く原因は腸内環境に
下痢が続く原因は脳と腸のアンバランス


下腹が張るような重苦しい感じがして、おならがよく出る。時には突然下痢に見舞われる。それに腰痛が加わる事があります。

そして一時的ですが食欲が落ちる事もあります。症状が長引いたら薬を飲まなくてはと思っているうちに、疲れが取れてくるうちに症状も改善されてくるという方もおられます。

続く下痢、過敏性腸症候群の原因として自立神経の乱れからくることが多いのですが、社会が複雑化するにつれて人間関係も複雑になり、神経を使う事が多くなっています。
睡眠不足や過労
また夜遅くまで起きて、自律神経の乱れを招きやすいことなど、先進国の生活パターンがこのような症状を増加させています。

過敏性腸症候群は腸の症状の他に自律神経の症状(めまい、イライラなど)、それに心の症状(睡眠障害、気分が落ち込むなど)を伴う事があります。
脳と腸はつながっている
 脳の不調は腸に影響し、腸の不調は脳に影響をします。脳と腸は神経伝達物質や色々な細胞から出される伝達物質によってお互いに密接に連絡を取り合い情報交換するとともに、助け合って外敵から私達の体を守っています。

腸はリトルブレイン(小さな脳)とも言われ、腸にも脳と同じような神経細胞があるのです。

下痢が続く原因脳が不安やストレス(必ずしも自覚できるとは限りません)を感じると、その信号が腸に伝わって腸の運動に影響を与えることがわかっています。

また腸の不調は単なる痛みや不快感だけでなく、心理面にも影響を及ぼし、悪循環を生むのです。ですから下痢の原因は脳と腸のバランスが乱れることにもあるといっても過言ではないのです。
 
逆に脳が心地よくなれば、腸も心地よくなるのです。悩みを解決するのは難しいですが、考え方は変えられます。せめて考え方をポジティブに向けて、明るく生活しましょう。腸もきっと喜びます。腸が喜ぶものも積極的に摂りましょう。

スローペースで生活していけば必ず治るはずです。決して焦ってはいけません。脳(心)が喜ぶ事、腸(おなか)が喜ぶ事、喜びに勝る治療法はないのです腸が喜ぶ食事やサプリメントなどを上手に利用して前向きに生活しましょう。
下痢を改善する腸内環境
腸内環境をしっかりと整えよう

普段の食事でも、乳酸菌や納豆菌などを摂り入れ、腸内善玉菌を増やしSIBOの予防や症状緩和をしていくことが大切です。

健康の基本は食べた物が消化・吸収され体に栄養がバランスよく行き渡ることです。そのためには腸内環境と栄養のバランスを整え、腸内善玉菌を増やすことです。

栄養のバランスを整えるサプリメントや腸内環境改善するのに必要なサプリメントなどがありますのでそれらを利用することが下痢を治す最も早い一つの方法です。
 
また、腸と脳は影響し合っているため、緊張する場面で、急にお腹が痛くなったり、下痢を模様したり、お腹にガスが貯まる等の症状が続いたりします。
 
これらの方は、過敏性腸症候群と診断され、原因がわからないとされていますが、腸内細菌のバランスが乱れている事が多い事も知られています。
 
また、腸内細菌の状態は、うつ病にも関係する可能性があると言われています。
 
腸内環境を良好にすれば、下痢をはじめ様々な問題は解決されやすくなります。腸内環境を良好にするのに必要な善玉菌のサプリメントもありますので、上手に利用してみましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因