下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因に糖尿病

下痢の原因は色々ありますが、突然の下痢、トイレが間に合わない、夜間に水様性の下痢になるという場合、細菌性やウイルス性の下痢でもない場合、下痢の原因として糖尿病による下痢があります。

下痢の原因に糖尿病!?
糖尿病が原因で下痢になる症状は、「糖尿病性下痢と呼ばれます。
脳内ホルモン下痢の原因は冷え2
糖尿病になると、高血糖の影響で、体のあちらこちらに悪い影響を及ぼします。糖尿病の合併症のひとつに、自律神経の障害があります。

下痢の原因は、自律神経の障害により腸の運動機能が低下し、小腸の上部を中心に腸内細菌(特に悪玉菌)が異常に増殖して腸内で発酵したガスが、腸を刺激するためと考えられています。

このような症状は、長い間、高血糖の状態が続き、消化管の働きを調整している自律神経の障害や細小血管の障害が元となって初めて発症します。

そのため、長期間血糖のコントロールが上手くいかないという自律神経障害の強い人に、下痢が続くという症状が現れるようです。しかも下痢は昼夜を問わず発生します。

糖尿病が原因下痢は、ふつうの下痢止めでは効かないことが多く、かなり強い薬を用います。しばしばトイレに間に合わなく便失禁をしてしまうこともあり、日常生活に支障をきたす事があります。ですから、糖尿病の方は、食生活でしっかりと血糖コントロールを良くしておくことがとても大切になります。

糖尿病は平成18年の厚生省の調査では糖尿病予備軍も含めて約1870万人いると推定されました、なんと7人に1人が糖尿病の可能性があるという計算です。昭和の前半までは日本人がまだ貧しく、粗食でした。
貧血から来る下痢
ところが、高度経済成長期になり飽食になってくると、一気に糖尿病は増え、その数はどんどん上昇しています。

欧米型食事になってしまった食環境を、いかに日本人にあった食環境にするか、また腸内環境をいかによくするかが健康になるための要です。腸内環境を強化するサプリメントを大いに利用することは病気にならない、なっても早い改善が出来る最善な方法です。
tyounaiirasuto4
腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われているように、あらゆる病気の発生場所は消化器官にあると指摘されています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。

何を食べても下痢にならない人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。腸内環境を強化すると、下痢の改善は早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう

腸内環境が整うと、下痢も早く改善されますし、病気を寄せ付けない健康な身体になります。
まずは食生活を改善し、体質完全を心がけていきましょう。
また、腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用してみましょう。

PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因