下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は秋バテ

夏の暑さで体が弱り、抵抗力を失うとちょっとした刺激でも下痢が起こる原因となります。
下痢の原因を考えよう3
秋バテが下痢の原因に?

下痢が続く原因は様々です。夏の暑い時に冷たいものを一気に飲んだり、飲みすぎたりすると、腸内温度は下がり下痢の原因となります。
ではどうやったら下痢を改善できるのでしょうか?
下痢で辛い
暑い夏をやっと乗り越えた秋口から、下痢が始まったり、夏から下痢が続きひどくなってしまう人がいます。夏バテならぬ秋バテとでもいうのでしょうか。

夏はじっとしていても汗がでてきます。熱中症にならないように、「水分」も摂取するでしょう。

しかし、秋風がふいてくると、汗の量も減ります。そうすると、体内の水分が今までよりも外へ出ていかなくなってきます。同時に汗で捨てていた、酸の成分が排泄出来ない為、胃酸の濃度が高くなります。
下痢の原因は胃腸の機能低下
そして胃が痛くなったり、吐き気の原因となったりするのです。また、「乾燥」が急激に始まり、自然と皮膚から水分が蒸発してしまいます。

秋は美味しいものが豊富で、その上胃酸が濃くなってしまうので、消化が早くなり、ついつい食べ過ぎてしまいます。

また暑すぎて「食欲がでない」といっていた人も、「何を食べても美味しい」と過食気味になってしまったりもします。このように水分の循環が悪くなった所で、からだの中にいれるカロリーの摂取量が過剰になりすぎた場合、まず「体液」が濃くなります。

「体液」が濃くなると、いわゆる疲労物質が体の中に多くなり、腫瘍などの原因になるとも考えられています。

ここでそうした体内の変化に敏感な体質の方は、体がその「過剰エネルギー」に上手く反応して、「下痢」として、汚水やカロリーの消費を一気に行ってくれている場合があります。これは体の一種の防衛反応ともいえるでしょう。
下痢の原因は胆のうに
下痢は体の中の水分や栄養のバランスがおかしいよ、ということを教えてくれているのです。

下痢が続く原因は様々ですが、夏の終わりから秋にかけて下痢が続くのは、もしかすると、自分の生活態度、食生活の変化にあるのかもしれません。

忙しい毎日でも、自身の生活を振り返る、ちょっとの癒しの時間を持つことをおすすめします。

昔から「季節の変わり目に持病が悪化する」「雨が降ると古傷が痛む」などとよく言われています。

人の体は季節や天気の変化に合わせて調整する機能が備わっていますが、この調整機能が不充分な場合にはいろいろな心身変化が起こり、病気にまで進行してしまうことがあります。

一定の季節になると発症する病気を「季節病」といいます。これに対して、日々の気象の変化によって発症したり、症状が悪化したりする病気を「気象病」といいます。 別名「お天気病」ともいいます。
脳内ホルモン
また心の状態も季節やお天気で変化します。心が乱れると脳と腸は直結していますので、腸内も乱れやすくなり、下痢になるひともいます。

腸内環境をしっかり整え、健康な腸になることで、脳へは明るく前向きな思考に変化します。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
まずは下痢が続く原因を改善するためには腸内環境をしっかり整えましょう。腸内環境を良好にするのに必要なサプリメントがありますので上手に利用してみましょう。


PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因