下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因…リズムの乱れ

下痢の原因は様々ですが大きく分けて急性のもの、一過性のものと慢性的な下痢があります。下痢で悩む方は慢性的な下痢が殆どで、その悩みも深刻です。



下痢の原因…リズムの乱れ

 慢性的な下痢でお悩みの方のお話をよくきくと、食事が不規則だったり、帰宅が深夜だったりと、生活のリズムが一定でない方がかなりいらっしゃいます。 

人の体には一定のリズムがあり、体内時計によって管理されています。朝、太陽の光を浴びることで交感神経のスイッチが入り、心拍、血圧、体温をあげて、体が準備を始めます。

そして夕方には副交感神経にスイッチが切り替わり、就寝の準備をします。

この副交感神経のスイッチが入らないと、腸の動きが悪くなったり、連動して下痢や病気に繋がることもあるのです。

いまこのページを、そうか、なるほど!と思って読んでいるあなた! まさか部屋の時計は夜中の1時、2時なんてことはないですよね?!  

睡眠不足で下痢

夜更かしはいわずもがな、体内時計を狂わせる原因です!
 
真夜中のネットサーフィンは下痢の原因といっても過言ではありませんよ。 
寝る前にテレビやパソコン、携帯電話の画面をみるのも、神経を高ぶらせるので極力避けるようにしましょう。特に夜は胃腸が活動する大事な時間です。

出来るだけリラックスした時間を作れるように、アロマをたいたり、ヒーリングミュージックを流すなど、五感を使って、体を心地よい睡眠へと導いていくことも、腸内ケアの一つとして効果的です。

また、ペットをなでることで副交感神経の働きがよくなり、腸の働きがよくなるという話もありますので、寝具を肌触りの良いふわふわした素材でそろえるのもよいそうです。



一番は規則正しい生活を心がけることですが、お仕事などの関係上、そうしたことは難しい方もいらっしゃると思います。

上に挙げたような、ちょっとした工夫で、生活にめりはりのあるリズムを作ることが出来ます。 交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいくように、生活のリズムを整えていきましょう。

 生活リズムを整えるには時間がかかります。今日聞いたから、今日からできるというものでもありませせん。一つ一つのリズムを正しくするするまでには努力と時間、改善したいという思いの保持が必要です。でも下痢は待ってくれません。



下痢、過敏性腸症候群などの方は腸内環境が非常に乱れ、腸の機能が正常に働かないことから下痢になってしまいます。腸内環境改善のサプリメントがありますので、すべての生活リズムが改善されるまで上手に、賢く利用しましょう。

一日も早くおなかの調子が良くなるといいですね。

下痢の原因の最近記事

関連記事