下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因には様々な要因

下痢の原因は様々で、むしろ便秘より多様です。

下痢の原因を考えよう下痢の原因は様々な要因
下痢と便秘はどちらが辛いですかと質問すると大概の人は下痢の方辛いと答えます。20代~30代で働いている女性の5人に4人は何らかの形で腸の不調を感じているらしいです。

下痢が辛いのは下痢の原因がなかなか分からないのに加えて、排便が我慢できなくて、便のコントロールができないことにあるようです。

では順を追って下痢の原因、改善策を考えていきましょう。 

小腸で起る下痢は主に食べ過ぎたり、飲み過ぎたりした時におこります 。腸粘膜の働きが弱くなり内容物から水分が吸収できなくなると、便の水分が増えます。おなかを冷やした時にも同じように粘膜の働きが弱くなると言われています。ただし、一時的な事が多いのでそれほど心配はいりません。

大腸で起る下痢はぜん動運動が活発になり過ぎたり、粘膜の分泌が多すぎたりするために起り、腹痛を伴う事が多いのが特徴です。
急性に起る下痢の原因は殆どはウイルスによるものです。
代表的なのが冬場に起るノロウイルスです。
下痢の原因菌
胸のむかつきからと嘔吐から水っぽい下痢が急に始まり、4、5日続きます。一方、なかにはコレラ菌やO-157など細菌や毒素で起る下痢もあります。
病原性が強いので、ウイルスに比べ、激しい症状が現れる得わけで、症状の大きな目安となるのが血便です。

下痢・血便が長く続く場合、潰瘍性大腸炎やクローン病を発病している可能性があります。

 下痢になると余りにも辛いのでついつい、“下痢止め薬”を使う事があるかもしれませんが“下痢止め薬”を使う事は要注意です。

というのは、便そのものはある意味おなかの老廃物なので、体内に溜めないで外に排出すべきものだからです。

例えば特にO-157などの場合、下痢を完全に止めると、菌を体内に保有することになり、菌を腸内で増やしてしまいます。ですからこうした細菌性等の時には下痢止めは禁忌です。

下痢止めを使う時に確実に診断の付いた下痢型の過敏性腸症候群や背景に大きな病気が隠れていない下痢に限られます。
Fotolia_73606495_XS
どちらにしても下痢を起こすということは腸内環境が非常に悪くなっています。
腸内環境が悪くなっているため、腸内での毒素やウイルス、細菌などの増殖を抑制することができなくなっているからです。

同じものを食べても下痢になる人、下痢にならに人がいるのはこの腸内環境の良し悪しで決まるのです。

下痢を改善するには腸内環境を強化することが一番の早道です。腸内環境を強化するサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は腸内環境から
健康の要は何といっても腸内が健康であることです。腸内フローラ―が良好であることです。腸内環境が整っていると、腸内で有害な物、有益な物を識別して、悪い物は排出してくれます。

おなかが弱い方は良いものまで排出してしまいますので、下痢が続く方はなかなか栄養の吸収が十分できなくて、不調の原因になったりしてしまいます。

腸内での正常な機能が果たされれば、下痢のならなくて済みます。同じものを食べても下痢になるならないは腸内環境の良し悪しで決まります。まずは腸内環境を整える事から始めましょう。そうすると下痢の改善は一段と早くなります。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因