下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因は新種の冷え症

下痢が続くなど、下痢の原因は食べ物や、ストレスからだけでなく、生活環境から来ることもあります。



下痢の原因は新種の冷え症「乱天候冷え」から
2014年の夏は異常気象となり、各地で猛暑を記録し、秋のもかかわらず、真夏日になっていたところがありました。

そのような気候の変動で、2015年の冬はほぼ全国的に気温が低く、厳しい寒さになると予測されています。

あるメーカーの調査によると最近の寒暖差で冷えや肩こり、だるさといった不調を感じていると答えた人は6割にものぼり、悩みの中でも『冷え』が64.4%で過半数を超えることがわかりました。

気温の変化は自律神経のバランスが極端に乱れてしまう可能性が高くなってしまいます
こうした異常気象から起こる冷えを『乱天候(らんてんこう)冷え』と言っています。

こうして乱天候冷えで、自律神経のバランスの乱れと冷えが悪循環となり下痢が一向に改善されず、下痢が続いてしまうことがあるのです。

秋頃から続くなんとなくの不調が改善されないまま厳しい冷えに突入することで下痢や冷えや肩こり、だるさに悩まされる乱天候冷えを改善するには、1日の生活の中でスムーズに交感神経と副交感神経の切り替えを行えるようにしましょう。

自律神経のケアしてあげることこそが乱天候冷えを予防し下痢の改善になっていきます。



自律神経のバランスをチェックしてみましょう!3つ以上のチェックが入ったら、自律神経の乱れている可能性が大きいので注意しましょう。

□睡眠時間が6時間以下

□ 胃腸の調子が良くないと思う時が度々ある

□ 一日の仕事や作業の後、極度の疲労感が残る

□ 冬なのにファッション性を重視し、薄着がち

□ お風呂は湯船につからず、シャワーで済ますことが多い

身体が冷えると血液の循環悪くなってしまいます。血液の循環も代謝も、年齢とともに悪くなっていきます。ですから気温や気圧の変化に身体がついていけなくなってしまうのです。

鉄材が下痢の原因に

とくに低気圧のときは副交感神経が優位になっているので、身体は眠った状態になっています。この状態で、仕事したり活動したりしているわけですから、疲れを感じやすくなるのは当然。風邪もひきやすくなるかもしれません。下痢もなかなか改善されないのです。

副交感神経が優勢な時は腸の中はアクセルがかかり便を早く追い出そうとする状態となります。


理想的な体質になるように、衣服を調節したり、身体を温めたりして、気温が変化しやすい季節を乗り切りましょう。

また腸内環境を強化するサプリメントなどを利用して腸内環境を整えると血液の循環、代謝も改善され「乱天候冷え」による影響もなくなり、下痢が改善さていきます。賢く上手に利用しましょう。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

下痢改善の早道
下痢の直接の原因は何といっても腸内環境が悪くなっていることです。腸内環境が良好であれば、食べた物やストレスを巧く回避できるようになっています。

腸はヒトの体で最も複雑な所である事が分かってきた事から、最も大切な所であると考えられるようになったのです。

この腸の特殊性、複雑性が実は腸の病気が増えてきたり、治りにくかったりする、大きな理由である事が分かってきました。

ですから腸内環境をしっかり整える事を最優先する事が重要です。腸内環境を良くするサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢の改善は一段と早くなります。

秋に起こる下痢の原因の最近記事

関連記事