下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は夏風邪

下痢の原因は様々ですが、特に夏はおなかを壊しやすく下痢を起こす原因となるものが溢れています。
下痢の原因を考えよう3
下痢の原因は夏風邪の場合も
冷たいものの飲み過ぎ、食べ過ぎで、あるいは寝冷えなどで下痢になることがたくさんあります。時には食べ物が傷み、食中毒による下痢などが発生しやすくなります。

また夏に引く風邪で腹痛を伴い下痢になり長く続く事があります。夏風邪の原因はウイルスです。冬場の風邪やインフルエンザは乾燥を好むウイルスであるのに対し、夏風邪の原因ウイルスは湿度を好みます。
下痢の原因菌
代表的なウイルスとしてはエンテロウイルス(コクサッキーウイルス、エコーウイルスなど)やアデノウイルスです。風邪は健康な人でもかかりますが、とくに体の免疫力が低下しているときに感染しやすいものです。

暑さやクーラーのかけ過ぎによって疲労や食欲不振、寝不足の状態になると免疫力も低下し、夏バテ症状を起こします。通常より夏風邪にかかりやすくなるので注意が必要です。エンテロウイルスはのどだけでなく、腸でも繁殖するため、発熱やのどの痛みに加え、下痢や腹痛など腸の症状の原因になるのが特徴です。

夏風邪はお腹にくるといわれるのは、このウイルスに感染したケースです。アデノウイルスも呼吸器と腸で繁殖しますが、発熱とのどの痛み、激しい咳が出るのが特徴です。咽頭結膜炎や咽頭炎を起こすケースもあります。
Fotolia_73606495_XS
これらのウイルスが原因下痢が続く場合、腸内で繁殖してしまったウイルスを外に出そうとしているわけですから、むやみに市販の下痢止めを飲んではいけません。

ただし、下痢が何日も続いたり、仕事の都合でどうしても何度もトイレに行けない、体力の消耗が著しい重度の下痢の場合など、下痢止めを使用した方がいいケースもありますので、まずは診察にかかり、きちんと医師から処方してもらいましょう。自己判断は回復を遅らせることも多いです。

夏風邪にかからないために出来ることは、免疫力を落とさないように、夏バテしないよう気をつけることです。冷たいものを食べ過ぎない。きちんとお風呂に入り、代謝をあげ、汗をかくなど、少しの心がけがあなたのおなかを守ります。

こうした病気にならないためには おなかを鍛えることが一番大切です。健康は腸内の環境で決まります。腸内の環境の良し悪しを決めるのは腸内細菌です。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
善玉菌が多ければ腸内環境は良くなり免疫力も向上します。悪玉菌が多いと有害物質をどんどん作りますので腸内環境はすこぶる悪くなり、下痢をはじめ様々な病気の原因となるものを誘発します。腸内善玉菌は疲れ、ストレス、食べ過ぎ、飲み過ぎなどで日々変化していきます。ですから腸内善玉菌をいつも一定の高レベルまで維持することが健康になる最も基礎的、且つ重要な事なのです。

下痢の改善は腸内環境を整えよう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。

これは腸内環境の良しあしで決まります。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。
腸内善玉菌を増やすのに必要なサプリメントがありますので賢く、上手に利用しましょう。


PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因