下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因は嘘メッセージ

下痢の原因・・・嘘のメッセージが伝わる?
下痢の原因としては大腸自身の病気によるもののにほかに、胃や小腸、肝臓、膵臓、また尿毒症などの腎臓の病気、あるいは心身的な病気など全身的なからだの病気の一部として、下痢としての症状が現れてくることが少なくないので注意が必要です。



大腸自身の病気で出る主な症状としての下痢というのは、普通、水様便、軟便が一日に2~3回以上あります。普通、下痢の直前に強い下腹部痛を伴っています。下痢の直後にも残便感または“しぶりばら”というという症状が出ることがあります。このような強い残便感とかしぶりばらが起る時に内視鏡で腸の中をのぞいてみると、直腸の粘膜が赤くただれていたり、ひどい時には出血班や潰瘍を交えた強い炎症を見る事ができます。

下痢の原因は冷え2


正常な状態では、便が直腸の中に入ってくると、直腸からの刺激が脳に伝わって、トイレに行くように指示が出るわけですが、直腸にある程度強い炎症が起ると便が直腸になくても粘膜の神経が炎症によって刺激されることによって、 脳の方に嘘のメッセージを伝えることになり、排便後にすぐまた便意を催すことになるのです。

腸内の炎症は突然原因もなく起きることはありません。

下痢の原因となる炎症は適応力を超えた過度な心身のストレスからくることが多いものです。そのために交感神経が緊張し、白血球の中の顆粒球の増多により腸管粘膜の組織が傷ついたり、破壊されていくからです。

過労や精神的ストレスが引き金になりますので、ゆっくり休んだりして、ストレスを遠ざける工夫をしましょう。体をリラックスさせる副交感神経が抑制されリンパ球も減ってきます。

対症療法のクスリでは根治できませんので、薬に頼らないようにしましょう。ストレスがあると体温も下がります。軽い運動、入浴、食事などで血流を良くし体温を上げるようにしましょう。

下痢の原因となる炎症

下痢の原因となる炎症は腸内環境の悪化から始まります。
様々なストレスの積み重ねで体のバランスが崩れ、その人の一番弱いところに下痢という症状で病気のサインを出しているのですから、治癒に導くためには腸なら腸と局所だけに囚われるといつまでも治りません。

下痢の改善は心身全体をケアしないといけないのです。

栄養バランスと整えるサプリメントや腸内環境を強化するサプリメントを利用するのは下痢改善の早道です。上手に利用しましょう。

下痢を改善する腸内細菌

下痢の改善は良好な腸内環境から

急な下痢、慢性的な下痢の殆どが、腸内環境の良し悪しが関係しています。
腸内環境が整っていると身体に害となるものを素早く排出します。

この時は一過性の下痢になることがありますが、慢性的な下痢になることは殆どありません。腸内が正常に働くように、腸内の環境をいつもきれいに整えます。

しかし腸内環境が悪いと、腸内の正常な働きができなくて下痢をはじめ免疫機能の低下、脱力感など様々なトラブルが発生します。

まずは下痢の改善のためには腸内環境をしっかり整えましょう。下痢の改善はそこから始まります。腸内環境を整えるプロバイオティクスのサプリメントがありますので上手に利用してみましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事