下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因となる習慣

 習慣以外にも、感染症による下痢など、下痢が続く原因はいろいろありますが、ここでは下痢が続く原因となるような腸ダメにしている習慣を挙げてみましょう。



下痢が続く原因となる習慣を止めよう

腸は小さな第二の脳と言われています。私たちが食べると、取り込まれた食物は次々に腸に運ばれ、腸はその化学成分をいち早く認識し膵臓、肝臓、胆嚢などに指令を発し、適切な反応を引き起こします。

また食物と一緒に有害な毒素が侵入すると、腸はこれに気付いて腸の壁自身に命じて多量の液体を分泌し、毒物を体外へ排除してしまいます。

これが下痢で生体の防御反応そしては極めて重要なものです。この有毒物質の検知能力と下痢という反応がなければ私たちはみな幼くして死んでしまいます。

ところがこの生体反応が正常に行われずに、常に下痢を起こしてしまう人がいるのです。腸をダメにしている人が何と現代は非常に多いのです。
 

 ①嫌いな人と「美味しくない」と言いながら食べる。
食べるときにストレスがあると褐色脂肪細胞(エネルギーを燃やす細胞のこと)の活性が落ち、肥満になりやすくなり、体内で毒性を持つ物質が増え、腸内細菌が弱ってしまいます。

また次の食べ方には腸をだめにしまうので注意しましょう。
●仕事をしながら食べる
●子供に小言を言いながら食べる
●ストレス解消のために食べる

Fotolia_44604326_XS

②食品添加物だらけの物を食べる

腸内細菌が弱る最も大きな原因の一つはスナック菓子、ファーストフード、レトルト食品、コンビニ弁当です。電子レンジでチンするだけの加工食品には添加物がたくさん混ざっています。保存料で有用な菌が死んでいきまた更にチンをすると有用な菌も死んでしまいます。このように、腸内細菌の善玉菌が弱ると、免疫力が弱まり、直ぐに風邪をひいたり、頻繁に下痢が起こりやすくなる原因となります。


③清潔すぎる
腸には腸内細菌、皮膚には皮膚常在菌など私たちの身の回りには目に見えない無数の菌が溢れ、それらが体を守っています。腸内細菌は外からたくさんの雑菌が腸に入ってくると腸は活性化しますが、除菌が行き過ぎると腸内細菌が育ちにくくなります。



④感謝や笑いを忘れている 
笑いは健康効果抜群ですが、現代社会においては忙しさのあまり、笑いを忘れている人が多いものです。また同時に感謝も忘れてしまいがちの生活になってしまっています。笑うと腸内細菌も増えていきます。脳内のドーパミンも増え、幸せ物質が増えていきます。感謝が生まれます。自分のおなかの腸内細菌に感謝しましょう。

こうした腸をダメにしている生活をしていると腸内は荒れてしまい、食べたものをうまく消化しきれずに下痢になってしまいます。生活習慣を改めると同時に、まずは荒れた腸内環境を整えましょう。腸内環境をしっかり整え、強化できるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

下痢の改善は腸内環境を整えよう

健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。
おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。

免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。 例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。

その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。 これは腸内環境の良しあしで決まります。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の改善方法の最近記事

関連記事