下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

一人暮らしで下痢に?

下痢の原因は人様々です。社会環境、職場あるいは家庭、生活環境による様々な事で下痢が続き、下痢の原因はこれといったものはなかなか見つかりません。

下痢の原因・・・一人暮らしは下痢になりやすい

下痢の原因を見つけようとして病院で診察を受けてもこれといった下痢の原因が究明できないことが多いものです。

生活環境が変わる事によるストレスは、人の自律神経に負担をかけます。自律神経に支配されているお腹は、その影響をものすごく受けやすい器官のため、敏感で繊細な自律神経をお持ちの方ほど、環境の変化で下痢になってしまうことが多いようです。

生活環境の変化で一番劇的なものが住まいの引越しでしょう。中でも、家族と暮らしていた実家から、一人で飛び出し独居するともなれば、その変化は計り知れません。

生活のリズムも、食事の内容も、運動量も、自分で意識するよりはるかに変化する一人暮らし。実は一人暮らしは、下痢の原因の一つとして考えられる出来事なのです。

一人暮らしで陥りやすい下痢の原因

*運動不足が下痢の原因の場合
一人暮らしをし始めると、運動量が減る人がほとんどです。仕事などで忙しくなると、なかなか運動をする機会がありません。しかし、運動をしないと食欲もわかず、血の巡りも悪くなってしまいます。
下痢の原因は様々です
体全体がバランスを崩し、それが下痢になってしまいます。また、運動不足による筋力の低下が、下痢だけでなく便秘を引き起こしたり、排便の回数が増えたり、残便感あったりといった不快感に繋がることもあります。

*食生活下痢の原因の場合
実家にいたときは、家族や親が作ってくれていた食事内容は自分でコントロールする必要がありません。家族がバランスよく考えて食事を出してくれるからです。

しかし、働いていると疲れもあって、なかなか自炊したり栄養のバランスを考えたりというのが難しくなります。結果、外食の頻度が多くなると、肉食や油物中心になってしまいがちです。
下痢の原因はカップ麺
元気な時は大丈夫でも、ひとたび何らかの病気で体調を崩すと、こういう食事はすぐに下痢を引き起こす原因になります。

*体調のちょっとした変化に気づかない事が続く下痢の原因へ発展
また一人暮らしになると、これまで家族が気づいてくれていた体調の変化に自分で気づかなくてはなりません。特に便の色や形、匂いなどの変化には要注意です。たかが下痢と思わずに、二週間以上長引くときは、一度病院にかかられることをおすすめします。

腸内環境を強化しよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。健康の要は腸が元気であることです。医学が発達していなかった時代に健康を保つためにはやはり胃腸が一番大事だという事が経験からわかっていたようです。

医学が発達した現代でもすべての病気は腸内環境が悪くて発生すると言われているほどです。
腸を元気にするためには、食生活をきちんと正しくしなければなりません。
下痢を改善するには腸内環境を改善することが一番の早道です。

しかし、食事のバランスがなかなか上手にできない方はサプリメントなどで補うことができます。賢くサプリメントを利用することで下痢の改善は一段と良くなることがあります。試してみるのも良い方法です。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら