下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は老化に

下痢の原因は沢山あります。下痢の種類は2種類あります。急性な下痢と慢性的な下痢です。急性の下痢は、食中毒などによる感染性のものと暴飲暴食などによる非感染性のものに分かれます。
下痢の原因を考えよう3
下痢の原因・・・老化?
1日に数回から数10回にわたって便意をもよおすものまでありますが、2週間以内で治まるものがほとんどです。

慢性的な下痢は1日に数回程度でも3週間以上続くものとなり、機能性の下痢とそれ以外に分けられます。機能性の下痢の原因は生活習慣やストレスが原因となって起こるもので、過敏性腸症候群の場合もあります。それ以外のものとしては、病気や薬が原因として考えられます。
下痢が原因でトイレに
慢性的な下痢の原因となるものには食べ物やストレスなど生活習慣が主な下痢の原因として挙げられますが、年齢による下痢の原因も挙げられています。

下痢の原因は老化
年をとると若い頃には見られなかった体の不具合がたくさん出てきます。お通じ力も老化します。加齢で下痢が起こります。人の体はどうしても年齢には逆らえないものです。

昔はなんともなかったのに年をとるとおなかを壊しやすくなり、体力の低下した体で頻繁に下痢を起こすと脱水状態になり、命にかかわることもあります。
 
年齢を重ねていくと、顔にシワができたり白髪になるなど、見える場所での大きな変化が現れます。しかし、老化は見た目、体力の低下だけではありません。骨や筋肉はもちろん、自分の目で直接見ることができない内臓も老化するのです。

中でも特に老化が早い臓器として有名なのが腸で、不規則な生活などで腸を酷使する人は40歳なのに腸は60代になっていることも多いのです。酷い人は20代で見た目は若いのですが腸は老人と言う人もいます。
 下痢が続く原因
下痢の原因は老化による消化液や酵素の減少
腸が老化すると動きがとてもにぶくなることから通常は便秘になりやすいのですが、そんな中で下痢を起こす人の場合、その原因には別の要素が関わっています。その代表的なものが、消化液や消化酵素の減少です。
 下痢の原因は胃腸の機能低下
脂肪分を消化吸収するために必要な胆汁(たんじゅう)や食べ物を細かく砕く胃液などが、内臓の老化によりあまり分泌されなくなると、老化した腸では特に食べ物を十分に消化できずに消化不良を起こし、下痢になりやすくなります。
 
また、牛乳や乳製品に含まれる乳糖(にゅうとう)と呼ばれる糖分は、分解するためにラクターゼという消化酵素が必要なのですが、加齢とともにこの酵素が減少すると牛乳や乳製品をとることで下痢になることがあります。
 
もともと、自然の状態ならば動物が乳を栄養として育つのは子供のうちだけなので、大人になるにつれこの酵素は減少していく傾向にあるのです。

昔は平気で牛乳を飲んでいたのに、ある時から下痢を起こすようになった、という人は少なくないでしょう。老化によるさまざまな体の変化が複雑に絡み合い、下痢を起こしやすくしているのです。
下痢の原因は冷え2
老化による免疫力の低下と増えてゆく病気のリスク
老化とともに衰えるものでもっとも怖いのは免疫機能、つまりは体の抵抗力です。お年寄りが病気にかかりやすいのはこの抵抗力が加齢で衰えることが大きな一因で、若い頃にはすぐ回復していた病気でも、場合によっては命に関わるほど悪化することも珍しくはありません。
 
ノロウイルスなど食中毒を引き起こすウイルスや細菌に感染した場合もそうで、体がウイルスや菌に十分に抵抗できず、下痢を起こす機会が増えてしまいます。

食中毒などの下痢は激しく、体力をとても消耗する上に脱水症状も起こしやすいため、お年寄りには大変危険なものです。また、大腸がんなど病気の症状のひとつとして下痢が起こることもあります。
 
年を重ねると、病気に罹りやすく、それに伴い薬もたくさん飲むようになります。たくさんの病気を抱えがちな高齢者には薬の副作用で下痢になることもあり、病気が回復すれば自然と下痢が改善されることもあります。
下痢の原因はアルコールに
若い頃の無茶が下痢の原因を作る
ただ生きているだけでも、年を重ねれば人の体は老化してさまざまな問題を起こすものですが、若い頃の無理な飲酒や不規則な生活習慣などで内臓を酷使し続けていると、その無茶が祟って内臓が疲れ果て、早く老化することがよくあります。
 
特に、ストレスに敏感な腸の状態は生活習慣に大きく左右されますし、消化液を作る肝臓やすい臓は過剰な飲酒で硬くなったり、炎症を起こして、まだ中年期にある人でもその働きに支障をきたすことがよくあります。下痢など様々な症状に悩まされるのです。
 
若い時は体力もあり、ある程度の無茶もきくためついそうしてしまいがちなのですが、そのツケは将来の自分に跳ね返ってきます。その時に気付いて衰えた内臓を回復させようとしても、年齢があがるほどに体全体の機能は低下し、回復する力も弱くなってしまうため、長年蓄積してきた疲労を解消し、元の状態に戻すのは容易なことではありません。
 腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えて腸内年齢を若返らせる
慢性的な下痢を改善するためには何といっても腸内環境を整えることから始めなければなりません。腸内年齢を若返らせる為に必要なのは善玉菌優性の腸内環境を整えることと、ある程度お腹に負荷を与えるために適度な運動が必要です。

特に年齢を重ねることによる善玉菌の減少は避けられないため、積極的に摂り入れる必要があります。
善玉菌のサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢の改善は早くなり、腸内年齢も若返ります。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因