下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因・・・直腸ガン

下痢の原因は色々ありますが、慢性的な下痢から、食あたり、体が教える危険信号まで様々です。

下痢が続く原因は直腸ガンに
近年、食生活の変化に伴い大腸ガンが年々増えています。なかでも下痢が続く下痢と便秘を繰り返したりする症状で、下痢の原因が直腸ガンだったという事もあります。
下痢の原因を考えよう2
下痢原因、改善方法を順をって考えていきましょう

直腸ガンの症状の特徴は主に強い便意と下痢です。腫瘍が大きいと便が細くなったりもします。また、実際は便が全部出てしまっているのにもかかわらず残便感が残ります。これは直腸付近に腫瘍があるとその腫瘍自体の感覚が便が残っているように感じられるからです。そのほかにも肛門の奥の鈍い痛みや散痛、臀部にも痛みがはしることがあります。便につく血も鮮血に近く切れ痔に似た出血の仕方をします。

そのため出血を確認しても痔持ちのひとはいつもの切れ痔と勘違いしてしまい、発見が遅れることがあるので注意が必要です。

さらに直腸ガンが進行してくると、通過障害があるにもかかわらず、頻繁な下痢を訴える人がいます。頻度は少ないですが、痔ろう(あな痔)を持っている人の場合肛門ガンの一種である「痔ろうガン」という病気が起ることがあります。
下痢カラフルうんち 1
痔ろうガンを発症すると患部から膿が出たり、分泌類が増加したりと下痢に似た症状が起る人がいます、これを下痢の症状と勘違いしてしまいます。「下痢だからガンではない」と思いこむとガンの発見が遅れるケースがあるようです。医療機関で過敏腸症候群とずっと言われていて、大腸内視鏡検査をしたら、直腸にガンが発見されたというケースがあります。ですから、痔ろうのある人は注意が必要です。

重篤な病が下痢の原因に
また、現代ではストレスの多い環境ですので、腸内もストレスの影響を受け腸内が過敏になり下痢の原因として過敏性腸症候群として慢性的な下痢の原因が多く挙げられています。
若者の腸が危ない
ところが重篤な病気による慢性的な下痢があることも覚えておきましょう。
例えば、意外なことですが大腸ガンは一般に「便秘」になるのですが下痢になることもあります。これは逆説的下痢と言われます。大腸がせまくなると、一度に便を全部だしきれず、少しづつ細い便を何回にもわけて出すことになります。すると患者さんは下痢と勘違いしてしまいます。

突然、鉛筆ぐらいの太さの細い便が続いたり、残便感がある場合、 直腸に出来た腫瘍に排泄が邪魔されているのかもしれません。
細い便が出るのが頻繁で続く場合は病気の可能性も否定できないので、 医療機関での検便をしてみましょう。
下痢が続く原因
特に大腸ガンは腸の病気として初期には自覚症状が全くないのが特徴です。血便や便通異常が比較的早くから起きることがありますが、初期症状と呼べるほどに早くから見られることはまれです。

また、特徴的な兆候というわけでもないので、たとえ下痢が続くとしても、また下痢だと勘違いしても他の下痢の原因を疑って受け流してしまうことも多く、初期症状を自覚して早期発見をするのは困難です。

下痢が続くようでしたら、一度は医療機関でしっかり検査をしましょう。それでも下痢原因が分からない場合は、下痢の原因は腸内環境が悪化(悪玉菌が多い)している場合が殆どですので、腸内環境を整えましょう。
下痢を改善する腸内細菌
下痢の時は、柔らかい食べ物ばかりではなく、普通の食事に切り替えてみましょう。それと同時に腸内環境をしっかり整える(善玉菌を増やす)サプリメントを利用すると、下痢が解決するのは早いものです。上手に利用してみましょう

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因