下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因・特定の食べ物

下痢の原因は特定の食べ物に
下痢を起こす原因は様々ですが、エビ、カニ、サバなどの魚介類、牛乳、卵などある特定の食べ物を食べると下痢を起こす人がいます。
下痢の原因は腸内環境に3
最近多くなった気がするのですが、意外と気づかないのがこのような特定の食べ物によるアレルギー性の下痢(アレルギー性腸炎)です。

下痢自体はそれほど激しくはありません。発熱もなく、腹痛もそれほど強くないのがふつうです。この他に、吐き気、嘔吐、じんましん、喘息などの症状を伴う事があります。

アレルギーによる下痢の症状は早くて摂取直後にでる場合もあれば、2~3日経ってから少しずつでる場合もあり、原因を特定しづらいケースがあります。
下痢の改善は善玉菌
このような下痢は、アレルギー物質が体外に排出されれば症状は治まりますので、下痢や嘔吐などの身体の反応を抑えず様子をみます。その際、脱水症状を抑えるために点滴を行う場合があります。

しかし原因が食べ物による下痢ではないと思いこみ、いくら下痢止めの薬だけを飲んでも完治しませんので注意しましょう。

 アレルギー症状がひどい場合には、ステロイド薬などで一時的に症状を抑えたり、鎮痙薬(ちんけいやく)を処方する場合があります。下痢の原因となる食物を早く突き止め、必要なら抗ヒスタミン剤や漢方薬など飲みます。
下痢の原因は冷え2
アレルギーによる下痢は、比較的に乳幼児に起こりやすいアレルギー疾患ですが、重症化(アナフィラキシーショック)すると、喘息発作が起き、喉の腫れによる呼吸困難・血圧低下・意識を失うなどの症状が起こることがあります。

この場合は即刻救急車を呼ばなくてはなりません。 原因となるアレルゲン物質には、たんぱく質含有量の多い「卵」や「牛乳」「大豆」「ピーナッツ」「魚介類」「麦」などがあります。

また、食品に含まれている着色料や防腐剤、香料、甘味料など現在認められている約400種類もある添加物も原因となることがあります。

また、アレルギー性腸炎は食品だけが原因ではなく、非ステロイド系の抗炎症薬や抗菌薬によって、薬剤性腸炎を引き起こすことがあります。
下痢の原因は何でしょうか2
 アレルギーを起こして下痢をする人には、以前それを食べた時に下痢をしたことがあるので、また下痢を起こすのではないかと不安になって、その不安感が実際に下痢を起こすことがありますから、アレルギー性の下痢になると信じている人の中には、心因性の下痢が含まれている事もあります。

アレルギーを起こす人達は殆ど腸内環境が悪化しています。腸内環境が良好だと、腸内細菌達(特に善玉菌)の働きで悪いものを排除することが出来ますので、腸内環境をしっかり整えましょう。

腸内環境を強化するサプリメントを上手に利用することはストレスにならない賢い方法です。
下痢を改善する腸内環境
良好な腸内環境を保ち下痢体質を治していこう
健康は元気な胃腸から生まれます。食べた物を消化・吸収して栄養を全身に送ることが出来るからです。

腸内できれいな血液も作られます。免疫細胞も腸内に殆どあります。きれいな血液は肝臓も丈夫にします。

アレルギーを改善する鍵を握っているのも腸内です。ですから、良好な腸内環境を保ち、毎日メンテナンスする事は、アレルギー体質脱却の第一歩だけでなく、健康の向上には欠かせない大切なポイントです。
下痢の治し方2
腸内環境を良好にする善玉菌サプリメントがありますので、上手に利用しましょう。自分の弱いところを知って賢く対処しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因