下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因・様々な医薬品

下痢の原因は様々な医薬品
下痢の原因は様々な悪条件が重なったり、食事やウイルス、病気などが原因となることがあります。
下痢が続く原因は腸内環境に
特に日本人は病気になるとすぐに薬に頼る傾向がありますので、薬による下痢の原因は数多くあります。特に薬による下痢は急な下痢が多いようです。では、薬の副作用で下痢の原因となるものをいくつか挙げてみましょう。
下痢の原因は薬に
薬剤性の下痢とは、治療のために用いた薬によって
「腸の粘膜が炎症を起こしたり」「粘膜が傷ついたり」「腸管の動きが活発になりすぎる」「腸内細菌のバランスが著しく変化した」などが原因になって引き起こされる下痢のことを言います。
下痢が続く原因はコラーゲンに2
その他ふだん何気なく使っている胃薬や鎮痛剤なども下痢を引き起こすことがあるのです。薬による下痢は飲むとすぐに起る下痢と、飲んで1~2ケ月ほどたってから起こる慢性的な下痢があります。

一般的には飲んで1~2週間以内に下痢になってしまうことが多いようです。

薬の副作用での下痢になったら、まずは服用をやめることが先決です。風邪の症状があまりにも辛い場合は、服用の量を減らし、様子を見るのも一つかもしれません。
下痢が続く方は薬局にも相談
しかし、薬を飲んで下痢になるということは、根本的にあなたの体とその薬が合っていない可能性が高いです。ですので、薬を飲むのをやめてもう一度病院に行き、ご自身に合った薬を処方してもらうべきです。
下痢が続く原因はコラーゲンに1
下痢の原因となる薬
①制酸剤
胸やけや胃酸が多いという事で、マグネシウムの入った制酸剤をたくさん飲むことによって起こる下痢です。また下剤として使われる薬にもマグネシウムが入っています。
下痢の原因1
マグネシウムには、腸内に水分を引き寄せ、便を軟化させる作用があります。その刺激で腸の運動が活発になりますので、マグネシウムを摂りすぎると下痢になります。またマグネシウムの多い硬水で下痢になる人もいます。
善玉菌 悪玉菌 日和見菌
②抗生物質
腸内には100兆とも言われる腸内細菌、悪玉菌ばかりでなく善玉菌、日和見菌等がいます。

抗生物質は体に悪い菌を殺すばかりでなく、有益菌までも殺してしまいます。そのため腸内細菌のバランスが失われ、下痢になることがあります。

抗生物質は「カビや放線菌などの微生物によって作られ、 他の微生物や生細胞の発育を阻害する有機物質」というものです。

つまり微生物が元々持つ殺菌能力を薬として応用したものです。抗生物質をもっとわかりやすく言えば「生き物を殺す物質」です。
下痢が続く原因はコラーゲンに2
だからこそ有害細菌への感染が疑われる時、または防止したい時に抗生物質が治療のために処方されるのです。

この抗生物質のおかげで、人類の最大の脅威であった細菌感染を克服し、多くの命が救われて、昔に比べると平均寿命は大幅に伸びています。
下痢の原因は細菌感染
しかし、抗生物質を飲むとやっつけたい病原菌だけに留まらず、体の中の腸内細菌、善玉菌も悪玉菌も根こそぎ死滅させてしまうのです。

抗生物質を飲むと下痢になってしまう原因は、その「細菌を殺す」という性質にあります。

こうして抗生物質により善玉菌も悪玉菌も死滅させられた腸は当然弱っています。弱った腸は正常な腸内活動が出来なくなり、結果として下痢になってしまうのです。
下痢の原因は大腸がん
また抗生物質により腸内細菌が減ると、善玉菌のビフィズス菌が生み出す短鎖脂肪酸が担っていた免疫調節機能も落ちることになりますので、さらに抵抗力が弱ってしまうという悪循環にも陥ります。

③ビタミンCも下痢を起こす原因に
ビタミンCを過剰に摂ると下痢の原因になる事があります。あるいは下痢までいかずともおなかが緩くなったりしますが、心配することはありません。普通3000~4000mgくらいまでは下痢を起こさないといっていますが、一日1000mgくらい飲んでいるとしたら念のために一時やめて下痢をするかどうか様子をみましょう。

人は病気になると活性酸素が大量に発生し、酸化から身を守るため、ビタミンCが大量に消費されます。この時は血中ビタミンC濃度が下がっているため、大量にビタミンCをとっても下痢は起こりません。

しかし、ひとたび病気が回復し、血中に十分なビタミンCが満たされると、腸管からビタミンCが吸収されなくなります。腸管の浸透圧が高まり、それを解消するために水が流れ込み、下痢をするのです。

つまりはビタミンCをとって、下痢をする時はからだのビタミンCを使わなくていいほど健康状態にあるということなのです。

だたし、個人差がありますので、まったくの健康でもビタミンCを大量にとって下痢をしないひともいれば、少量摂っただけで下痢をするひともいます。

④その他の薬が原因で下痢を起こす場合
抗生物質の他にも、処方される薬によって、下痢が起ることがあります。その中に心臓の薬とか痛風の薬なども下痢の原因になる事があります。その薬で下痢になった場合には医師に相談しましょう。
下痢が起こる原因は大腸がん
腸内環境を強化しよう
下痢が慢性的に続き、腸内環境が悪化していると下痢だけにとどまらず様々な病気の原因となったりします。慢性的な下痢が続く時には、まずは腸内環境を強化してみましょう。

腸内が正常に働くと、腸内での機能が活発になり、下痢が簡単に改善されることが多々あります。その他にも腸内が正常化すると様々な病気の予防にもなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因