下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は年末年始に!

下痢の原因は年末年始の飲み、食べ過ぎ
下痢が続く原因は、ウィルスや細菌によるもの、重大な病気のサイン、食べ過ぎ、過敏性大腸炎、腸内環境の悪化などその他にも原因は色々ありますが、
下痢の原因は様々です
年末年始には、特に会社での忘年会、クリスマス会、新年会などの行事が続き、胃腸を痛める環境に置かれます。こうした環境では 飲み過ぎ食べ過ぎによる下痢が多くみられます。

●下痢が続く始まりはクリスマス&お正月が原因
忘年会、クリスマス行事で仲間や会社の同僚たちと飲み会の機会が多くなります。ついつい自分の体調を忘れて飲み過ぎることが多々あるようです。

そしてその流れでお正月を迎え、新年会が行われます。
ということは、食生活が乱れる要素がたくさんあるということですが、この時期には寒さも引き金となり体調が崩れやすく、体力が衰え、その体力が回復せずに体調不良が続いてしまう方も増えてきます。
下痢で辛い
●体力が回復せずにそのまま下痢が続く
体調が弱っているところに、何か飲んだり食べたりすると、それが下痢の原因となり、腹痛とともに下痢をしたり、特に冷たいものの飲食や、急に寒いところ、涼しいところに移動すると腹痛や下痢を起こしてしまうなどの症状が出たりします。

日頃からおなかが弱い方、下痢が続く方、下痢気味の方、ちょっとしたストレスなどが下痢の原因になってしまう方などは、アルコールを控えたり、油っこいものはあまり箸をつけないでおこうと気をつけていらっしゃることでしょう。

しかし、下痢とは無縁の方でもこの時期は、行事が目白押しでどうしても下痢になってしまう傾向にあります。下痢が起こるということは、体から何かしらサインが発されているのです。

アルコールの摂りすぎか、油ものばかり摂っていないか、食べ過ぎではないかなど考えてみましょう。下痢の原因の殆どは生活習慣から来る場合が多いからです。
下痢の原因はアルコールに
●多い行事で生活のリズムが狂ってしまう
また、忘年会、クリスマス、お正月、新年会で食べるものも、生活のリズムも乱れてきます。特に睡眠不足は自律神経を乱してしまいます。

そうなってくると、もしかしたら下痢が一時的なものでなく、慢性化し、下痢が続く恐れも出てきます。自律神経が乱れてしまうと、下痢だけでなく様々な体調不良につながります。

私達の身体には、生まれながらにして体内時計が組み込まれています。サーカディアン・リズムという体内の日内周期によって、起床、活動、睡眠などのパターンに一定のリズムが刻まれています。

自律神経や内分泌系は、呼吸や循環、消化器の働きなど基本的な生命活動を調整するために働いていますが、生活のリズムが乱れると、そのバランスが崩れ、心も体も変調をきたしてしまいます。

ですから腸が弱い人は下痢の原因ともなるのです。あるいは疲れの原因ともなるのです。

ストレスによって脳が疲れると、更にストレスに対抗する力が弱まるといった悪循環が始まるのです。このような悪循環で下痢が何年も続き、いつまで経っても治らないという人がいるのです。
下痢が起こる原因は胃腸機能低下
脳と直結している腸の働きはストレスの影響を受けやすく、生活のリズムの乱れが下痢などの消化器系の不調となって現れる事が少なくありません。

頻繁に下痢に悩まされている過敏性腸症候群などの方は腸管運動機能のバランスが乱れやすく、少しの刺激で痛みを感じやすくなっていますから、生活のリズムが乱れたり、疲労が積み重なった時などはいっそう症状が出やすくなります。

●下痢の原因はアルコールに
これからの時期、楽しいことばかりで気も緩みがちですが、自分の体から発されるサインは見逃さないようにしましょう。これが引き金となって、下痢が続くようになってしまっては困りものです。

一時的な快楽を求めず、長い目で見て、ほどほどに楽しむようにしましょう。冬場は加えて寒いですので、「冷え」も絡んできます。お酒を飲んで温かくなっても、体は冷やさないようにしましょう。

体が冷えてしまうと、下痢の原因になったり、ますます下痢が続く原因を悪化させてしまいます。

少量のアルコールであれば、血行をよくしてほどよい便通に繋がる場合もあります。下痢になる場合は、大抵「飲みすぎた場合」です。なお、ご自身ではそれほど飲みすぎたと思っていなくても、実際の「許容量」はもっと少ない場合もありますから注意しましょう。

ある程度お酒に強い方でも、体調によっては少ない量のアルコールでも大きな影響を及ぼします。また、加齢によってお酒に弱くなる場合もあります。

「適度」を超えてアルコールを飲み過ぎると、アルコールはカフェインなどと同じ刺激物ですので、胃や腸に刺激を与え、腸の粘膜を荒らしてしまいます。場合によっては炎症を発生させてしまいます。

炎症を起こした胃や腸は食べ物をきちんと消化することはできませんから、消化不良による下痢が発生しやすくなります。
下痢の原因は胃腸の機能低下
●下痢の原因は胃腸の機能低下
 炎症までいかなくとも、アルコールには腸のぜん動運動を活発にする働きがあり、活発になりすぎることで便が腸の中を早く移動してしまうことになります。(少量のアルコールは適度にぜん動運動を促します。)

この場合、本来よりも早く便が排泄されてしまうので、便の水分がきちんと吸収されておらず、下痢や軟便になってしまうのです。水分の摂りすぎも下痢に繋がりやすくなります。

長年アルコールを摂取していると、繰り返し胃腸に負担を与えることになります。腸の機能が低下してしまうので、慢性的な下痢に繋がってしまう場合もあります。

下痢気味の方はもしかしたら行事がたくさんあると不安になってしまうかもしれません。みんなの手前、全く食べないでおくなんてことは難しでしょう。飲み会などが予めわかっていたら、おなかの調子を整えるサプリメントなどを多めに飲んでおくといいですよ。強い味方になってくれます。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。
おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。

免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。
この差は一体何なのでしょうか。
下痢の治し方2
スバリ、これは腸内環境の良し悪しで決まるのです。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。腸内環境を整えるサプリメントアありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因