下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

出産後から下痢が続く原因

下痢の原因は様々です。病気による下痢は病気が回復すれば自然と治癒しますが、病気以外で下痢になる人は下痢の原因がなかなか見つからず、長い間下痢が続き、日常生活に支障をきたします。
下痢の原因を考えよう3
下痢の原因は出産してから
その下痢の原因は冷え、食べ物、体質、ストレスなど様々な原因が挙げられています。

またその下痢の原因は複合的で一つが下痢の原因ではなく、いくつもの下痢の原因の要因が重なっています。

時には体の環境変化によるものもあります。例えば女性は出産という体の変化がありますが、出産後、今まではお腹が丈夫だったのに下痢が続くようになった、という方が多くいらっしゃいます。

便通があるのは何故だと思いますか?
それは自律神経が腸のぜん動運動を促し、始まるのです。しかし産後は慣れない育児や産後の疲れなどから、自律神経が乱れる傾向にあります。

そのため下痢の原因になったり、もしくは便秘になってしまったりするママさんが多いのです。自律神経の乱れが原因の下痢の場合は、育児疲れなども関係してきますからできるだけ上手に休憩時間を作り、育児をしていきましょう。
下痢で辛い
ストレスで下痢になる
自律神経の部分でも触れましたが、ストレスは便秘も下痢も引き起こす原因になります。産後ですと、ストレスの原因は主に赤ちゃんや育児についてでしょう。

また思ったように体が動かないことに対しての苛立ちなどもあるでしょう。産後は思った以上に体を酷使しています。

ですから思ったように動けないのは当たり前なのです。免疫力も低下し、下痢になる可能性も高いのです。良いストレス発散法を見つけておくと良いですね。

 水分の取りすぎや骨盤底筋の負傷によるもの
また母乳を与えているママの場合、水分の摂りすぎによって下痢になっている可能性もあります。

母乳だと便秘になりやすいという風に育児本にも書いてありますから、思っている以上に水分の摂りすぎになってしまっているママも多いのです。

その結果下痢になってしまうというママもいます。さらに骨盤底筋は、子宮口が開いた状態が長く続きすぎると傷つき、下痢の原因になるとも言われています。

薬による副作用
いろんな薬を飲んでいる人は、薬の副作用を疑いましょう。確認方法はお医者さんに処方してもらっている方は、お医者さんに聞いてみる。

お医者さん以外で購入している人は、薬剤師さんに尋ねたり、専門書で調べるなど、自分で情報収集してみましょう。大事なのは他人ごとにならない事です。

言われたから安心ではなく、しっかりと自分でも情報を調べてみることが大事ですよ。
下痢の原因は栄養失調
ストレス解消+育児疲れへの対処は?
産後は里帰りする人も多いかと思いますが、里帰りをしている人の場合は母親に愚痴を聞いてもらう、限界が来る前に育児を変わってもらうなどの対処法が必要です。

また里帰りしていない人の場合は、パパさんと話し合いをしましょう。愚痴を聞いてもらうのはもちろんのこと、自分の時間が1時間でも欲しいとお願いしてみましょう。

そして休日はもう少し自分の時間をもらいましょう。それが無理と言われるようならば、里帰りを考えるかパパさんに関する家事は無視しておくくらいの行動に出てもかまいません。それくらい育児は大変なんだということを分かってもらいましょう。

食事内容をチェックしましょう
下痢になってしまい、いつまでも通常の便が出ない場合は食事の内容をチェックしましょう。腸にダメージを与えるような刺激物などは食べず、お腹に優しいお粥やうどんなどを中心に食べるようにしましょう。
下痢を治す納豆
ヨーグルトや納豆など、発酵食品は腸内環境を整えるのにも最適ですから、積極的に食べるようにしましょう。

つまりは健康的な食生活を送ることによって下痢は治っていくということです。刺激のあるコーヒーや炭酸飲料なども控えるようにします。

また油分の多いものも避けましょう。
産後はトラブルがつきものですから、それをうまく回避しながら赤ちゃんとの時間を楽しく過ごしましょう。

産後の食事は一歩間違えると、体重増加や下痢の原因へと繋がっていきます。しっかりと食事の知識をつけて、下痢や体重増加防止に取り掛かりましょう。
脳内ホルモン
産後のストレスは腸に大きな影響を及ぼす腸は第二の脳腸は「第二の脳」と呼ばれます。腸内に入ってきた物質を良いか悪いかを判断する以外に、それをパターン化して記憶する仕組みのほか、実は脳内の神経伝達物質「セロトニン」の95%が腸で作られているという報告もあります。

またさまざまなホルモン(ペプチド性ホルモン=脳内ペプチド)を生産し、多くの血管や神経が集まっている腸の状態は全身に影響します。

皆様も経験があると思いますが、子供のころ試験前や発表会などの前に緊張のあまり、急な腹痛や下痢に襲われたりしたことが。

このように頭で考えることと腸の活動は密接につながっているのです。つまり腸が「第二の脳」と呼ばれる理由になるのです。

ですので、産後のストレスは腸に大きなダメージを与え、腸の弱い人は下痢になるなど様々な症状を起こします。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
腸内は非常にデリケートです。自律神経のバランスを整えるためにも欠かせない、健やかな腸を保つためには、具体的にはどうすればよいのでしょう?

①朝1杯の水で胃腸を目覚めさせる・・・朝、目覚めたらコップ1杯の水を飲みましょう。空っぽだった胃腸は、水に反応して動き始めます。すると副交感神経のスイッチが入り、自然な便意が促されます。 

②一日3食のすすめ・・・腸と脳を刺激し、体温を上げる・・・一日2食や、1食という人もいますが、食事の回数が少なければ、腸への刺激も少なくなり、腸の動きが悪くなってしまいます。食事には体温を上げる 役割もあります。

さらに、噛むことによる脳への刺激もあります。私のおすすめは一日3食。カロリー過多にならないよう、量を調整しましょう。  

③毎日いろいろな種類の乳酸菌を摂る・・・腸内環境を整えるよい方法は、乳酸菌を摂って善玉菌を増やすことです。ヨーグルトや乳酸菌・納豆菌のサプリメントを積極的に摂りましょう。

④ストレスは上手に回避する方法を見つける・・・人によってストレス解消は様々です。自分がこれをしていたら何もかも忘れて気分がすっきりする、自分の気持がリセット出来るというものを見つけましょう。
下痢を改善する腸内細菌
腸は体の内側にある器官でありながら、外界と直接接しています。腸は体に必要な栄養素だけを吸収し、細菌やウイルスなど害のあるものは排除するという体を守る役割も果たさなくてはなりません。

更に腸内で様々な物を産生したりする生命活動に重要な役割を担っているところです。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。


PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因