下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因にハンバーグ?

下痢の原因は脂の多いハンバーグ
下痢の原因は数を挙げればきりがない程、下痢の原因はたくさんあります。近年、食事の形態や食材が昔と変わってきています。
下痢の原因を考えよう3そのため下痢の原因となるものも複雑になり、何が下痢の原因となっているのかはっきり分からない状態の人も少なくありません。

重篤な下痢にならなくても、慢性的な下痢で日常生活に支障をきたしている人が増えています。こうした下痢の原因となるものが増えているのはどうしてだろうかと疑問に思います。

こうした下痢の原因の一つには食べ物に潜んでいると考えるのも不思議ではありません。電子レンジ普及率はほぼ100%であり、電子レンジを利用した料理本も数多く出回っています。

更に惣菜の普及もかなり高くなっています。忙しい主婦や、共働きの主婦にとっては非常に便利でありがたいものです。しかし、これらの便利さの裏には思わぬ落とし穴が潜んでいる事も隠し切れません。

下痢の原因はハンバーグ
例えばスーパーなどによく売られている、焼くだけのハンバーグや家庭で作るハンバーグを例にとってみましょう。こうした美味しいハンバーグが下痢の原因となることがあるのです。
下痢の原因は脂の多いハンバーグに
日本人であれば、子供から大人からお年寄りまで、ハンバーグの好きな人は多いと思います。しかし、そのハンバーグも下痢の原因という点からすると、危険性が高い食べ物の一つとなります。

ハンバーグで下痢をしやすい原因は
美味しいハンバーグは、表面をしっかり焼いて肉汁(脂)を中に閉じ込めます。その閉じ込められた肉汁がハンバーグを食べる時に溢れ出てジューシーな味になるのです。

その肉汁がたくさん出てくるハンバーグっていうのは、当然それだけ脂が多い証拠です。 そういった、脂がたくさん入っているハンバーグを食べると、胃腸の弱い人は脂が消化しきれずに消化不良になって下痢になってしまいます。
下痢が続く原因
脂は腸にとって刺激物だということを覚えておきましょう。脂っこい食事を食べると、その刺激によって胃、小腸、大腸が活発に働きだします。

胃はいそいで食べ物を小腸に送り、小腸は栄養を吸収するのをやめて、急いで大腸に便を送り、大腸は食べ物を早めに体外に出そうとします。そして下痢という症状になって便が出てくるというわけです。

ですが、こってりの脂の多いハンバーグを食べた人全員が下痢をするかというとそうではないですね。脂っこい食事をいくらとっても下痢にならない人ももちろんいます。そういう人はきちんと脂肪分が小腸で分解されているのです。

ハンバーグで下痢をしにくくするには?
ハンバーグは好きだけど下痢の原因になるので無理かなと思っている人は、ちょっとした工夫で下痢にならなくて済みます。それは、和風ハンバーグにして大根おろしをたくさん一緒に食べるようにしましょう。

大根には消化酵素が多く含まれているので、ハンバーグの脂の消化を促進してくれます。

ただし、レストランなどにほんの少し大根おろしが乗っているくらいでは効果はあまり見込めませんので、ハンバーグを食べる時は、大根おろしをたっぷり添えて食べてみましょう。
下痢を改善する腸内細菌下痢が続く原因 
下痢を改善するには腸内環境を強化
私たちは食べる事で健康を維持することが出来ています。食べた物を消化・吸収・排出、これらが腸内で正常に働いていると、健康に過ごすことが出来るのです。

腸内が正常に働いている人は腸内環境が非常に良好です。逆に下痢など腸のトラブルを抱えている人は腸内環境が非常に悪化しています。

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。下痢を改善するためには腸内環境を良好にすることが一番の近道です。腸内環境を整えるサプリメントありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因