下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因・ゼラチン

下痢が続く原因・・・ゼラチン
下痢の治し方
下痢の原因は様々な要因が挙げられます。体質や年齢、食環境、心の環境などその原因が一つではなく複合的に起こります。

慢性的な下痢に悩まされている方は日常生活が困難になります。


下痢が続いていて食事がなかなか普通のものを摂れない方も多いのではないでしょうか。消化の良いものを摂って、下痢が改善されれば良いことなのです。

しかし、長期に渡る下痢でお困りの方が、消化の良いものばかり摂っていると、それが下痢を長引かせる原因ともなります。消化の良いものは、結局は便の元が作られません。

下痢になるからと食物繊維を避ける方もいらっしゃいますが、食物繊維こそ、便の元を作る上では必要不可欠なものなのです。
下痢の原因は胃腸の機能低下
胃腸に不調があると食事が摂れないことは誰でもあります。そんなとき、ゼリーや喉越しの良いものを摂ったりしませんか?

栄養を摂らなければ治りません。間違いではありませんが、ずっとゼリーに頼っていませんか?

下痢の原因となるゼラチンはお菓子だけではない
ゼラチンと言えばすぐに思い浮かべるのがお菓子の材料です。

材料牛や豚の骨や皮に含まれるコラーゲン(タンパク質の一種)特徴•弾力性と粘性が強いため、やわらかく、プルンとした食感で体温で溶けるので、寒天などに比べて一番口溶けがいいものです。

しかし、このゼラチン、実は下痢の原因になるのです。ゼラチンはお菓子だけでなく、他にも色んなところで使われています。
下痢の原因は添加物2
口紅などの化粧品、ベーコンやハムに添加されていたり、お菓子のグミ、ヨーグルト、薬のカプセルなどです。

また、コラーゲンが美肌になるということで、ゼラチンを積極的に摂っている方もいらっしゃるようですが、何でも摂り過ぎは良くありません。

もともとゼラチンはタンパク質でできており、どうぶつの関節部分を主成分としています。関節部分の主成分がコラーゲンです。

グミというお菓子の例から
スーパーやコンビニには子供の好きなグミ製品がたくさん並んでいます。そしてそれは24時間営業ですのでいつでも気軽に買うことが出来ます。果汁グミは封を切った瞬間から人工的な香りがしています。

それは強い香りとなっていて刺激臭ともとれますが食べると舌がピリピリするような感じもあります。こういったものを子供の頃から食べていると胃の粘膜が荒れてしまい、お腹を壊してしまう場合があります。

そのグミなどの食べ過ぎによって下痢などの症状を引き起こすことがあります。

グミにはゼラチンのほか添加物がたくさん入っています。人口の甘味料も使用されています。人口の甘味料の成分の中にソルビトールという成分が入っています。

それ自体に毒性はないのですが人が一日に50g以上摂取すると水分が吸収されにくくなり下痢を起こすおそれがあります。

グミと言うお菓子に限らず添加物の多いお菓子は摂り過ぎない様にしましょう。

ゼラチンの摂り過ぎが下痢の原因

摂り過ぎは下痢の原因になりますし、ゼラチンアレルギーを引き起こす原因にもなるのだそうです。また、大量に摂取すると、腎臓がタンパク質の処理に追い付かず、腎臓機能にも悪影響が出てしまうこともあるそうです。

ゼラチンアレルギーは、割合から言うととても少ないのですが、ゼラチンは何にでも使われていますので、体内に入ってくる機会は非常に多いと思われます。

症状としては、他のアレルギーと一緒で、軽度だと発疹、じんましん、かゆさ、下痢などですが、重症になると気管が腫れて呼吸困難になることもあります。
若者の腸が危ない
ゼラチンを食べ過ぎないことで、ゼラチンアレルギーは防げますので、注意しましょう。ゼラチンは一日10gで十分と言われています。ゼラチンの代用品として「寒天」があります。

寒天は食物繊維が豊富です。いくら下痢改善には食物繊維が必要とはいえ、こちらも摂り過ぎは禁物です。食物繊維がゆえに摂り過ぎると、間違いなく下痢になってしまいます。

下痢になるとなかなか食欲も湧かなかったりします。少しの間、消化の良いもの、喉越しの良いものを摂ることは良いのです。それでも下痢が治らない場合は、極力ご自分で作った普通の食事(脂っこくないもの)を摂るようにしてみましょう。

外食やお惣菜には添加物もたくさん入っています。自分で納得のいくものを口にすることも重要です。お腹に心配のない方でも、暑い時期はどうしても食欲が落ちてしまう時期でもあります。

そんな方でも消化の良いものに頼ってばかりいると、それが後から思い返すと下痢の発端だったということもあり得ます。

ばっかり食べや、同じものばかりを大量に摂取することは避けて、下痢にならないようにしましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。

何を食べても下痢にならない人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。腸内環境を強化すると、下痢の改善は早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因