下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因・・・ぶどう

下痢の原因は本当にたくさんあります。食べ物がその人の体質に合わなかったり、食べ合わせなどによる下痢など下痢の原因は限度がありません。
下痢の原因は様々です
下痢の原因はぶどう 
その他精神的なものや、細菌、ウイルスなど下痢の原因がはっきりわかるものから、全く見当がつかない下痢の原因など様々です。季節の果物さえ下痢の原因となることがあります。

ぶどうと下痢の意外な関係
例えば、秋になるとおいしいぶどうが出回ります。秋を代表する味覚の代表で、旬な果物は胃腸の健康な時に適量を食べるにはむしろ栄養豊富で色々体に良い食材です。

さらにぶどうというのは果物の中でも最も高い糖を蓄積する食物として知られています。そのためぶどうの食べすぎは糖の過剰に繋がる恐れもありますので、肥満の原因になる可能性は十分あります。

こうした美味しい体に良いぶどうでも、人によってはぶどうを食べた後お腹が痛くなったという方がおられます。消化が良いとされるぶどうも、食べる量やタイミングを間違うと下痢の原因になってしまいます。

ではぶどうで下痢はなぜ起こるのでしょうか?ご一緒に考えてみましょう。

ぶどうはひと粒が小さく、甘くおいしいのでついつい食べ過ぎてしまいますよね。その原因と言われるのは食べ過ぎと食べた後に水分を補給することで下痢になることがあります。
下痢の原因は胃腸の機能低下
ぶどうは通常、比較的消化が早いのですが、胃腸が弱っている時には注意が必要です。

果物というのは独自の消化酵素を持っており、通常胃を30分程度で通過します。しかし他の食べ物と果物を一緒に食べることで胃を通過せずに止まってしまい、糖が発酵し他の食べ物の消化を阻害するのです。

その影響でゲップが出たり消化不良を起こし下痢になったりすることがあります。

そうならない為にも、果物は食前か、食後数時間たった後、もしくは胃が空っぽになっている朝などが適していると思います。

また、ぶどうを食べすぎた後に牛乳を飲んで胃酸と反応して下痢を起こす可能性があり、たまには嘔吐する人もいます。ぶどうが含んでいる水分で下痢になることもあるようです。食後は4時間ほど空けてから食べるようにしましょう。
gerinogenninn 3
ぶどうと他の食べ合わせで下痢に
海鮮料理(カニ、エビなど)を食べた後に、ぶどうやざくろ、柿などの果物を食べると、嘔吐、お腹の張り、腹痛、下痢などの症状を起こしやすくなります。

また大根と一緒に食べると、腸内で甲状腺を抑制する物質を作り、甲状腺腫を誘発しやすくなります。利尿剤などのカリウム剤も、胃痙攣や腹の張り、下痢、動悸などを引き起こしやすくなります。

ぶどうはタンニンの成分を含み(未熟なぶどうはタンニンが多い)、胃腸の粘膜に対して消化を阻害してしまう働きがあり、食べ過ぎると便秘などになってしまいます。タンニンは魚介類などのタンパク質を凝固させ、消化しにくくするのです。

ぶどうの食べ過ぎは注意
赤ちゃんもぶどうを食べ過ぎたりすることで下痢や腹痛を起こすことがあります。ぶどうは本来、消化のいい果物とされていますが、やはり食べ過ぎは禁物。特に赤ちゃんは身体が小さく、多くの食べ物に慣れていないため注意が必要です。

離乳食を始めてすぐは1粒からスタートし、1歳でも1日5粒程度にしておくのが良いと言われています。甘く食べやすいので赤ちゃんが欲しがることもあると思いますが、お皿に数粒しか出さないようにするなどして、赤ちゃんが食べ過ぎないように注意してあげてください。
%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86
下痢を防止するぶどうの食べ方
 空腹時に15粒程度をめやすに食べましょう。ぶどうは食べすぎると消化不良をおこし、下痢をおこしてしまうため食べ過ぎには注意が必要です。1日に15粒程度がめやすと言われています。

ひと房にたくさんの実をつけているのでついつい食べ過ぎてしまいますが、次の日の分としてわけておいたり、家族で食べる、多い分は冷凍するなどして一度にたくさんの量を食べ過ぎないようにしましょう。

干しぶどうは80g程度をめやすに
ドライフルーツの中でもかなりメジャーなのがレーズンです。同じぶどうでも干しぶどう(レーズン)には緩下作用といって、便通を促す作用があるため、やはり食べすぎると下痢を誘発してしまいます。

干しぶどうもぶどうと同様に、食べ過ぎには注意が必要です。一般的に1日に80g~84g程度なら、下痢の心配をせず食べても大丈夫とされています。

皮ごと乾燥したものがほとんどであるため、ブドウの皮に豊富に含まれているポリフェノールを効果的に摂取でき、鉄分、ビタミン、ミネラルも豊富なので女性にはうれしい食べ物です。

しかし緩下作用があるため、食べ過ぎると下痢を引き起こす原因となります。
若者の腸が危ない
ぶどうジュースも飲みすぎは禁物
ぶどうジュースも飲みすぎには注意が必要です。冷たいジュースで内臓を冷やしてしまうことも原因のひとつですが、フルーツに含まれる「果糖」がジュースになることにより、思った以上に多くの量の果糖を一度に摂取してしまっていることが主な原因と言えます。

果糖は多く摂取しすぎると、全てを体内で吸収できず大腸内に残ってしまいます。その結果、果糖が大腸内で消化されにくい成分となり、腸内に水分がたまって下痢を引き起こすことがあるのです。

また空腹時に多量に飲むことで、小さいお子さまなど腸管の吸収能力が低い方は、下痢を誘発することもあります。やはりぶどうジュースも少量を数回にわけて飲むなど、一度に摂りすぎないことが下痢を防ぐためには必要となってきます。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は腸内環境を整える
胃腸が弱いとすぐに下痢になったりと様々な症状を引き起こします。昔から「元気の元は胃腸から」と言われているように、胃腸を丈夫にしておくことが健康の要です。

胃腸を丈夫にするという事は腸内環境を整え、腸内を正常な働きにするという事です。

良好な腸内環境になると下痢の改善は一段と早くなり、丈夫な胃腸になってきます。腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因