下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因はカプサイシン

下痢が続く原因は様々ですが、食べ物による下痢は多いものです。というのも、それが下痢の原因を作っている事を知らずに食べていることがあるのです。



例えば、消化にいいからと言って豆腐を食べるとにがり成分で下痢に、コーヒーはカフェインで下痢に、またコーヒーにミルクを入れると乳糖不耐性症による下痢になります。

このように日常生活には食べ物によって下痢になる原因がたくさん潜んでいます。 



下痢の原因・・カプサイシンが交感神経を刺激する
辛いものが好きな方はカプサイシンに注意しましょう。カプサイシンはカフェインなどと同じく交感神経を緊張させる効果があります。

このため、唐辛子などの香辛料を摂取しすぎると腸が反応して蠕動運動が活発になります。そのため便がすぐに肛門側に送られてしまい大腸で水分がしっかり吸収されないため下痢の原因となってしまうのです。

また、その他刺激性が強い香辛料は胃の粘膜を傷つけてしまい消化不良の原因となり、消化不良によって下痢となってしまいます。香辛料は旨みを引き立たせ、料理を美味しく食べることができるのですが、摂り過ぎには注意してください。



それでも辛いものが好きという場合、香辛料を摂取しすぎないように注意すればよいのですが、腸は刺激に慣れやすい傾向があるので、ある程度は食べていたら下痢になりにくくなります。
 しかし、辛料を摂取する場合はご飯や野菜をいっしょに食べるようにしましょう。こうすることで胃や腸への刺激を減らすことができます。

また、ヨーグルトを混ぜたり食べたりすることで香辛料の刺激を減らすという方法もあるそうですが、お腹が弱い方はヨーグルトが下痢の引き金になる可能性があるので微妙なところです。

下痢の原因を発酵食品で改善

いづれにしても腸が過剰に反応し過ぎて起きる場合がほとんどですので、丈夫な腸にすることが大切です。 昔から「風邪は万病の元」と言われていますが、現代では「弱い腸は万病の元」となります。

というのも腸はこれまで考えられてきたよりもずっと特別な臓器であることがわかってきたからです。例えば、人体の免疫細胞の約7割が集中する免疫器官であったり、脳に匹敵するほどの神経細胞が集まって自律神経を左右するなど消化吸収や便をつくだけでなく、生命の根源となる様々な機能を腸が担っていることが明らかになってきました。

その機能が正常に働くように助けているのがおなかの中にいる腸内細菌なのです。ですから、いかに腸内細菌のバランスを整えるかが健康の秘訣、下痢解決の道なのです。



内細菌のバランスを整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢解決はすぐそこまで来ています。

下痢の原因の最近記事

関連記事