下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因にごぼう?

下痢が起こる原因や長期間続く下痢の原因は本当に種々多様です。しかし、下痢の原因として共通していることは食生活に問題が多いようです。
下痢が続く原因は腸内環境に
下痢の原因はきんぴらごぼうだった
悪い食習慣は下痢の原因を作ります。自分の身体の弱いところを知って食生活に気を付けると下痢の原因を軽減することが出来るようです。

例えば、きんぴらごぼうの例をとってみましょう。きんぴらごぼうが下痢の原因になってしまうなんてそんな馬鹿な?と思われるでしょうが、実はきんぴらごぼうの食べ方次第で下痢の原因になるのです。

下痢の原因になるきんぴらごぼうの食べ方
食べ方によっては下痢の原因となるきんぴらごぼうはスバリ、食べ方に問題があるのです。きんぴらごぼうに含まれる食物せんいが過剰に働いてしまうためです。

ごぼうの不溶性食物繊維は、水に溶けず、水分を吸収して膨れます。
下痢が続く原因

そして腸壁を刺激して腸の蠕動運動を盛んにし、食物の残りかすなどを速やかに体外に排出させる性質があります。 それで、おなかの弱い人にとっては速やかに体外に排泄することが下痢の原因となりかねないのです。

便秘の人にとっては好ましいのですが、おなかの弱い人にとっては刺激となり下痢の原因となるのです。

更に、きんぴらごぼうは、作る過程で油も多く使用します。 その油も多く使うきんぴらごぼうを食べ過ぎれば、食物繊維と油で消化しにくい状況が増え結果、下痢の原因としての可能性も高くなってしまいます。
下痢が続く原因
きんぴらごぼうの成分は多くの薬効を持っています。便秘の解消、肌を整え、せきやたん、口内炎、湿疹、利尿効果があることから腎臓の機能アップにも役立つ野菜なのです。特に大腸がん予防にもなるのです。

 多くの薬効を持つごぼうはできるだけ繊維を失わないように食べるのが望ましいのですが、おなかの弱い人、アレルギーの人は食べ過ぎには注意が必要です。下痢をしやすい人であればなおさら下痢の原因となりやすいのです。

きんぴらごぼうという特定の食べ物が腹痛を発症することはあまり多くないと思われますが、きんぴらごぼうを食べ過ぎればきつい下痢という思わぬ影響を受けることもあり得ます。
下痢の原因はきんぴらごぼう
下痢の原因を減らすきんぴらごぼうの調理の仕方
食卓に並べるときにはきんぴらごぼうは量が控えめな副菜にして、よく噛んで食べることが大切です。

ごぼうは薬用としても使われるほどに健康に良い食べ物ですから、適量を食べている分には下痢の原因となることをあまり考えすぎる必要はないと思います。

下痢の原因を出来るだけ減らすためには、きんぴらごぼうに人参やコンニャクなども加えるなどひと工夫をしてみましょう。人参を程よく合わせることで見た目が良くなり、甘味も加えることができます。
下痢の原因を考えよう3
こうした工夫は食べ過ぎを防ぎ、下痢の原因を一つでも減らすのに効果的です。

またきんぴらごぼうが下痢の原因となってしまうのは煮込みが足りないことも考えられるので、良く煮込んでやわらかくすることも大切です。

ごぼうと人参を大きめに切ってから、じっくりと火を通していけば、味わいも良くなって歯ごたえも程よく残ります。

きんぴらごぼうを素早くやわらかくするためには、圧力鍋を使う方法も有効となります。
圧力鍋で繊維を完全にやわらかくしてしまえば、消化しやすくなって、胃腸への負担を軽減でき下痢の原因を減らせます。

消化をさらに促進させ下痢の原因を減らす事を考えた場合、酵素が豊富な塩麹や味噌を隠し味として加えることもおすすめです。
下痢を改善する腸内環境
下痢の改善には腸内環境を整えよう
下痢の人で共通している原因はスバリ、腸内環境の悪化です。腸内環境が悪化すると、腸内での正常な機能が行われない為。

消化力や水分調整、排出機能が衰えてしまうのです。下痢も便秘も腸内環境の悪化が原因となるのです。まずは腸内環境を整え、腸内で正常な機能が働くように整えてみましょう。腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「食べ物・飲み物による下痢」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因