下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因・マグネシウム

下痢の原因はマグネシウムの摂り過ぎ
現代の食生活において下痢の原因はなかなか特定が難しいものです。
下痢が続く原因は腸内環境に
重篤な下痢でない限り、病院で診察してもらっても、整腸剤だけで軽く見られがちです。しかし慢性的な下痢に悩まされている方は日常生活に支障をきたすことがあります。
下痢が続く原因はコラーゲンに2
しかし下痢の原因は日常生活の中に見られることがしばしばあります。例えば、マグネシウムを例にとってみましょう。

マグネシウムとは
マグネシウムはすべての細胞や骨に広く存在しています。そして300種もの酵素反応に関わっているといわれます。

マグネシウムはそれだけ大切なので、人のからだは血中のマグネシウムが不足すると、骨からマグネシウムを取り出して常にマグネシウムの量を一定に保とうとしています。
貧血から来る下痢
マグネシウムは約300種類の酵素の働きを助けるミネラルです。体内に存在するマグネシウムの約57%は骨に、40%が臓器や筋肉中に3%が細胞外液と血中に存在し全体重の約0.1%をしめます。

マグネシウムは数多くの酵素の働きを側面からサポートするように働くため健康を維持するために必須の栄養素です。

マグネシウムはカルシウムと拮抗作用があります。互いのバランスが大切でマグネシウム1に対してカルシウムが2~3の割合が理想的です。
下痢が続く原因はコラーゲンに1
食べ物からしっかり摂取するのが一番理想的です。便秘の薬として酸化マグネシウムがありますが、酸化マグネシウムは摂り過ぎると下痢をはじめ様々な副作用があります。
下痢が続く方は薬局にも相談
下剤の原因となりやすい薬、酸化マグネシウムとは
酸化マグネシウムは1986年から発売されている下剤で、主に便秘の方に用いられています。

便を柔らかくする作用に優れ、古いお薬でありながら現在でも広く用いられています。

また、胃の粘膜が弱くなると、胃酸の刺激で胃炎や胃潰瘍を起こしやすくなります。 酸化マグネシウムは制酸作用があるので、胃炎や胃潰瘍の治りをよくする効果も期待できます。

間接的に便秘を改善することで胃にも効いてくれるのが非常に嬉しい薬です。

基本的には副作用が少ないお薬ですが、高齢者の方や腎機能が悪い方に長期間・高用量の投与を続けているとマグネシウムを身体に蓄積させてしまい、高マグネシウム血症を引き起こす事もあるため、一定の注意が必要な下剤になります。

便秘薬として処方される酸化マグネシウムの副作用により死亡者がでたと2015年10月にニュースで多数取り上げられ、厚生労働省が注意を喚起しました。

マグネシウムはもともと豆腐を固めるにがりと同じ成分で自然界にも存在するものですが、摂りすぎてしまうと副作用を起こす可能性がありますので必要最小限の使用にとどめ、もし長期間使用する際は血清マグネシウム濃度を定期的に測定するよう十分に注意しなければなりません。
下痢の原因は何でしょうか2
下痢の原因となる酸化マグネシウムの副作用
●腹痛・下痢などの症状
酸化マグネシウムには腸内へ水分を送り込む特性がありますので、もしその作用が強すぎると水分が極端に増えすぎてしまい、腹痛や下痢等の症状が現れてしまいます。

●摂り過ぎると高マグネシウム血症になる
高マグネシウム血症による吐き気・めまい・立ちくらみ、ひどい場合は脈性不整脈による血圧低下などの症状がでます。

過去に死亡例もあるという酸化マグネシウムの副作用の一つである高マグネシウム血症は、ひどい場合は昏睡や心臓麻痺など。

特に腎臓の働きが弱い場合は、マグネシウムの排泄が充分に機能しないので要注意です。
下痢の原因は様々です水
マグネシウムの摂り過ぎに注意
酸化マグネシウム以外にもマグネシウムはココア・麦茶やコントレックス等のミネラルウォーターにも豊富に含まれていますので、酸化マグネシウムを摂り、尚マグネシウムの多い食品を摂るとマグネシウムの過剰摂取となることがありますので、注意が必要です。

マグネシウムには、腸内に水分を引き寄せ、便を軟化させる作用があります。その刺激で腸の運動が活発になりますので、マグネシウムを摂りすぎると下痢になります。

実際にマグネシウムは、多くの下剤に使われている成分ですので、下痢をするようならマグネシウムの摂りすぎです。下痢をしない程度に調節して飲んでください。

マグネシウムは食品から摂る場合特に問題となる副作用、健康被害などのデータはありません。サプリメントから摂る場合は一日の上限量350mg以下にしてください。
下痢の原因は薬に
サプリメントなどから大量に摂りすぎてしまった場合「高マグネシウム血症」のリスクがあります。

マグネシウムはサプリメント以外でも下剤や便秘薬,制酸剤にも含まれています。医薬品とマグネシウムサプリを併用する場合は必ず主治医や専門家に相談してください。

安全性の高い薬で副作用はほとんどありませんが、腎臓病や心臓病の有る方・高齢の方は注意が必要です。
下痢が起こる原因は大腸がん
腸内環境を丈夫にしよう!
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。実は、下痢も便秘も原因は同じなのです。腸内環境が悪くて、適切な水分調節が行なわれずに、下痢や便秘になるのです。腸内環境が正常になれば下痢も、便秘も改善されます。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因