下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因・ピロリ菌除去

下痢の原因・・・ピロリ菌除去

下痢の原因は多種多様にあります。下痢の症状も回数も人によって様々に表れてきます。
下痢が続く原因は腸内環境に
下痢は主に環境で左右されますが、内的な環境つまり精神的なもの、食環境として食べる、飲むなどによって大きく異なります。更に治療目的の為に副作用として下痢の症状が表れたりすることがります。

例えば、ピロリ菌を除菌することで、その後の潰瘍や胃がんの発症リスクを大きく抑えることができるといわれています。

この除菌治療のメリットばかりが強調される一方で、そのリスクとデメリットをご存じですか? また、病気のリスクを減らすはずが、かえって下痢の原因となってしまうことも。
下痢の原因菌
ピロリ菌は、胃癌などのリスクを高めるとして、昨今ピロリ菌の除菌治療を行う病院も増えてきました。将来のことを考えて除菌に踏み切る前に今一度、じっくりと除菌治療について考えてみませんか?

ピロリ菌 除菌治療の4つの限界
ピロリ菌の除菌治療に当たっては、次のような4つの限界を十分に考慮する必要があります。

1.除菌治療で副作用があらわれる場合がある
2.除菌に失敗する可能性もある
3.ピロリ菌保菌者の全てが胃がんになるわけではない
4.ピロリ菌の除菌に成功しても定期検診は必要である。

除菌治療で副作用があらわれる場合がある
少なくとも、ピロリ菌の除菌治療には以下のような副作用が顕れるケースがあることを知っておきましょう。

軟便、下痢、口内炎、<味覚障害、腹痛、発熱、かゆみ、発疹、肝機能の検査値の上昇

これらの副作用は統計上、約10%の人に顕れると言われています。軟便や下痢、味覚異常、口内炎などの症状が軽い場合は、決められた日数(7日間)分は最後まで除菌薬の服用を続けましょう。絶対にご自身の判断で服用する量や回数を減らしてはいけません。 
下痢の原因を考えよう2
但し、腹痛や下痢がひどい場合、便に血が混ざっている場合、発熱があったり、かゆみや発疹などのアレルギー症状が見られる場合には、この限りではありません。直ちに除菌薬の服用を中止して、主治医に連絡してください。

いずれにしても、ある程度の副作用があらわれることを前提とした上で、たとえ少々の副作用があらわれたとしても、7日間通して除菌薬を飲み切れる期間、つまり除菌治療に入るタイミングを十分に図る必要があると言えます。

除菌に失敗する可能性もある
これらの副作用により除菌治療を途中で中止してしまったり、不注意などによって決められた量や回数の除菌薬を服用しなかった場合だけでなく、適正に除菌治療を行った場合でも、除菌に失敗する可能性があることに留意しなければなりません。

一次除菌の成功率は約80%、それに失敗した場合の二次除菌の成功率は80~90%、一次除菌と二次除菌を通したトータルの成功率は約95%とのことなので、約5%の人は除菌治療に失敗することになります。

運悪く除菌治療に失敗してしまった場合、ピロリ菌が除菌薬に対して耐性を持つ可能性もあります。そうなってしまうと再除菌が難しくなることは言うまでもなく、事前にそういったことも考慮しておく必要があるかも知れません。
下痢の原因はすい臓機能の低下
除菌後に逆流性食道炎が…
見事、除菌が成功すれば、それまで再発に苦しめられてきた潰瘍患者は、潰瘍の再発が極めて少なくなるなど、多大なるメリットをもたらすと言えます。

しかし、必ずしも良いことばかりではないことにも注意が必要です。

と言うのも、ピロリ菌によって抑えられていた胃酸が、除菌後に正常に戻ることにより、逆流性食道炎を新たに発症したり、元々罹患していた人は症状が増悪するケースが10%前後あるようです。

もっとも、その症状も軽微で一時的な場合が多く、逆流性食道炎としての治療が必要となることもまれですし、逆に最近では、特に高齢者の場合、除菌治療前から罹患していた逆流性食道炎が除菌治療によって軽快したという報告もあるようです。
下痢の原因は胃腸の機能低下
ピロリ菌保菌者の全てが胃がんになるわけではない
そもそもピロリ菌に感染しているからと言って、必ずしも胃がんを発症するとは限りません。その時の胃の状況を見て、特にピロリ菌による悪影響が見られない場合であれば様子を見るという選択肢も十分にあると考えます。

いかがでしたか?

おなかの中のピロリ菌を除菌するということは、他の有益な菌も一緒に除菌してしまうということでもあります。なんでも除菌した方がいいという清潔志向が、

昨今の日本の家庭では浸透していますが、悪い菌を薬を使って排除する時には、良い菌も一緒にだめにしているのだということを忘れてはいけません。

特に抗生物質などの影響で下痢が続いた場合には、腸内は非常に菌が少なく無防備な状態になります。

この時に、外部から善玉菌をしっかり入れて、腸内環境を速やかに回復させてあげるのが、薬による下痢を長期化させないためには大事です。
下痢を改善する腸内環境
腸内環境を強化しよう
健康で長生きするためには腸内環境が良好であることが必須条件です。殆どの長寿の人は、良く食べ、よく飲みと胃腸もすこぶる元気です。腸内環境が非常に良好です。こうした腸内環境を持つ人はイレギュラーなことが生じたとしても、体内で処理することが出来る能力を備えています。 
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
例え下痢になったとしても、一過性の下痢で終わり、長期化することは殆どないでしょう。昔から「元気の元は胃腸から」と言われているように腸内環境を整えれば下痢の改善は非常に速くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。


PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因