下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因ノンアルビール

下痢の原因はノンアルコールビールの成分
下痢の原因は主に生活習慣によることが多いようです。
下痢の原因を考えよう2下痢 軟便
生活習慣は精神的なものや物理的なものがあります。過敏性腸症候群と言われる下痢が続く原因は考え方の生活習慣が主な下痢の原因となっているようです。

下痢の原因が分からないという人たちは物理的な生活習慣が原因です。つまり食習慣が主に下痢の原因のようです。

例えばあるメーカーのノンアルコールビールを例にとってみましょう。

ノンアルコールに含まれる成分が下痢の原因
ノンアルコールビールには難消化性デキストリン(食物繊維)、大豆ペプチド、ホップ/炭酸、香料、酸味料、苦味料、カラメル色素、安定剤(大豆多糖類)、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)が入っています。

では、具体的にノンアルコールの成分がどの様な働きをしているのか、またどの成分が下痢の原因となるのか見てみましょう。

●難消化性デキストリン(食物繊維)
難消化性デキストリンとは、読んで字のごとく「消化しにくいデキストリン」のことで、デキストリンとは、数個のα-グルコースがグリコシド結合によって重合した物質の総称で、デンプンの1種です。

まず、トウモロコシのデンプンを培焼し、アミラーゼ(食物として摂取したデンプンを消化する酵素)で加水分解します。その中の難消化性成分を取り出して調製した水溶性の食物繊維が難消化性デキストリンです。

日本人の食生活が欧米化し、食物繊維の役割が重視されるようになったため、不足しがちな食物繊維を補う目的で作られました。低粘性・低甘味で水溶液はほぼ透明、耐熱性・耐酸性に優れている食品素材です。

ミネラルの吸収が阻害されないため、さまざまな食品に応用されています。難消化性デキストリン摂取が原因となる変化はまったく認められなかったと報告されています。

さらに、試験期間中、下痢などの胃腸症状をはじめ、とくに問題となる症状はまったくみられず、安全であると判定されています。
下痢の原因は冷え2
●大豆ペプチド
大豆ペプチドとは、大豆たんぱく質を酵素で分解して低分子化(オリゴペプチド)したことで生じるアミノ酸が数個つながった状態の物質です。

たんぱく質とアミノ酸の中間的な性質を持ち、単体のアミノ酸より多彩な栄養素を持ち、たんぱく質やアミノ酸に比べて効率良く体内に吸収できる、すなわち速やかに栄養を補給できるということで、スポーツ界のトップアスリート達などからも注目されています。
下痢の原因は凝固剤
●ホップ
ビールの原料は、麦芽とホップが主成分です。ビールは別名「液体のパン」と言われていますが、「小麦アレルギー」の人がビールを飲むと、小麦の中の「グルテン」に反応して下痢を起こします。

これはセリアックスプルー[グルテン感受性腸症候群]と言われ、パンを主食とする白人に多く報告されています。近年、パン食が普及するにつれ、日本人にもセリアックスプルー患者さんが増加する事が予想されます。

●苦味料
味覚には、甘味、酸味、塩味、うま味、そして苦味があります。ビールの味を特徴づけるホップの苦味テンペン類などの苦味は、強すぎると敬遠されますが、適度な苦みは、味にしまりを与え、食品のおいしさを増す効果があります。

また、胃酸や消化酵素の分泌を促すとも言われます。胃酸が増加すると、胃潰瘍の原因となったり、体質により腹痛、下痢、嘔吐の症状が出ることがあります。
下痢の原因は珈琲に
●カラメル色素
プリン、コーヒー、黒ビール、ソース、アルコール飲料、一般食品などこの中には共通した添加物が使用されています。それは茶色のカラメル(キャラメル)色素です。

この茶色の色素は、ありとあらゆる食品やスナック菓子に使用されています。とてもありふれた食材料で、多くの食品の着色や風味付けに使われています。

ところが、手造りのカラメル色素は問題ありませんが、合成したカラメル色素は非常に危険なのです。

化合物を加えたカラメル色素は毒性が強く、突然変異を起こしたり、染色体異常をおこすものがあります。これらの作用は細胞のがん化と関係があります。

しかしどの製法が使われていても、ただカラメル色素、カラメルと表示してあるだけなので消費者には分かりません。カラメル色素は非常に多くの食品に使われていますので、注意が必要です。

このような危険なものを食していると、おなかの敏感な方はすぐに反応するでしょう。

●安定剤(大豆多糖類
多糖類はその文字通り、糖が複数繋がってできたものです。多糖類には、でんぷんや食物繊維があり、増粘剤として使われるカラギーナン等も同じような性質を持ちます。

つまり食物繊維のようなものであり、比較的安全であると推察されますが、多量摂取すれば下痢や腹痛を引き起こす可能性はあるので、摂り過ぎには注意です。

●酸化防止剤(ビタミンC)
ビタミンC、アスコルビン酸との表記もあります。ブドウ糖から作られます。過剰に摂取すると嘔吐や下痢の症状がみられる場合もあります。
下痢の原因は人工甘味料
●甘味料(アセスルファムK)
大抵、アセスルファムKという人工甘味料(カローリゼロの表示がされているものなど)が入っています。人工甘味料は分子構造が大きく、人間が持っている消化酵素ではブドウ糖に分解、消化ができないので、異物として未消化のまま排泄されます。ですからノンカロリーなのです。

普通の人は大丈夫でも、腸の機能が弱い人は、こういった消化できないものが入ってきたことで下痢の原因となってしまうことがあります。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
健康の要は何といっても腸内環境です。昔から「元気の元は胃腸から」と言われているように、人は食べることで健康を維持することが出来ています。

ですから食べ物を消化、吸収、排泄する器官が丈夫でないと健康を維持することが出来ないからです。

私たちは健康に良いものも食べていますが、同時に有害な物も一緒に食べています。それら有害な物をスムーズに排出しなければなりません。

健康な腸内環境では正常に機能が働きますが、腸内環境が悪いとその機能が充分に働かず下痢、便秘の原因となってしまうのです。

腸内環境をしっかりと整える事がとても大切です。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。



PageTop

「食べ物・飲み物による下痢」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因