下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢を改善…リラックス法

下痢の原因は様々ですがこの度は精神面にスポットを当てて、下痢が続く原因を改善する方法を考えてまいりましょう。 
下痢の原因を考えよう3
下痢を改善…リラックス法
下痢が続く原因として“腸の繊細さ”が挙げられます。
これは特に、くよくよしやすかったり、真面目で几帳面な方、怒りっぽくいらいらしがちな方、人からどう思われているか、他人の評価が気になる方などに多く見られる、ストレス型が原因の下痢です。

疲れがたまっている、職場や家庭、学校での人間関係がうまくいっていない、夜寝つきが悪い、などストレスが溜まり易い状態が続くと、敏感な腸はすぐにストレスの影響を受けてしまうことも。自律神経が乱れて下痢をする人もいれば、腸がけいれんして排便がうまくいかず、便秘になる人もいます。

下痢の原因を改善するために その1
腸には自律神経のバランスが不可欠です。
ストレスはこの自律神経のバランスを乱すため、下痢が起こる原因を作ってしまいます。
まず自分なりのストレス解消方を見つけるのがいいでしょう。
下痢を治すための音楽療法2
好きな事に没頭してみたり、体を動かして、気分を発散したり、逆にゆったりとした落ち着いた時間を過ごすのもいいのではないでしょう。

下痢の原因を改善するために その2
また疲れた心と体の両方に効くのがハーブやアロマです。
ハーブには胃腸の調子を整えるものがあり、その薬効成分が薬として使われているものもあります。ハーブティーとして飲むのが一般的です。
ミントパワーで下痢を改善
またアロマテラピーには、不安をやわらげたり、リラックスをもたらすなどの効果があります。


 下痢の原因を改善するために その3
またお風呂で心とおなかを温めるのも、下痢の原因を改善するために効果的です。
全身の血行をよくして新陳代謝を高め、疲れをほぐすことが出来ます。心身ともに温まり、リラックスすると、副交感神経が優位に働き、自律神経のバランスを回復できます。
下痢の改善は温めること
お風呂でリラックスするためには、38℃から40℃くらいの、ぬるめのお湯にゆっくりつかるのがよいでしょう。食後すぐや、就寝直前は避け、15分から20分程度が目安です。

いやなことは考えないで、ゆったりとした気分を味わいます。

さきほど紹介したアロマテラピーで使う精油を、湯船に数滴たらし、香りを楽しむのも効果的ですね。

 これらをうまく生活の中に取り入れ、リラックスできる習慣を作ってみるのはいかがでしょうか?
また、上で述べたことを行うと同時に、腸内環境を改善するサプリメントなども上手に利用してみると、より早く改善に向かう近道になるのと思いますよ。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は腸内環境を整えよう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。

これは腸内環境の良しあしで決まります。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。

PageTop

「下痢の改善方法」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因