下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因改善・腸の休息

下痢の原因を改善するために腸が休息する時間をつくろう!
食べ過ぎると下痢の原因になる事があります。若い時にはきっと誰もが一度や二度経験したことがあるのではないでしょうか。
下痢の原因を考えよう2
食べ過ぎると腸内は未消化物質が溢れてしまいます。それらを早く追い出さないと体に害を及ぼすので、下痢という現象で排出してしまうのです。

しかし、何を食べても下痢をする方は又別問題です。腸内環境が非常に悪い事が原因になるからです。

腸内は荒れて、消化能力が落ちているから、消化に時間がかかり、未消化の物が増え、更には腸内を正しい環境にする時間もないので下痢になってしまうです。

順を追って下痢の原因、改善策を考えていきましょう。

現代はストレスの時代ともいわれ、心も腸も非常に負荷をかけています。私達もずっと働きづめでは体も動かず能力が発揮できません。

ですから睡眠だけはたっぷり取ろうと考えている人も多いと思いますが、お腹に未消化のままの食べ物が詰まっている限り、腸は働かなくてはなりません。

これでは本当に体を休めることにはなりません。食べ物が豊富にある現代の環境では、まず腸の働きをしっかり休ませてあげる事も必要なのです。 

腸は摂取して消化した食べ物から栄養素を吸収して翌日に必要なエネルギーへ変える作業をおこなっています。

この時間帯に食事を摂取するとエネルギー変換という重要な作業を行っているのに消化の仕事もしなければならないため、非常に作業効率が落ちます。

さらには、朝方の休息の時間に休息できないとなると腸は休む暇がなくなり、腸は疲れ果て、おなかの弱い方は下痢になる原因に発展してしまうのです。

下痢が原因でトイレにそれには食べない時間を作る事が必要となります。胃や腸に休息を与える時間が長いほど、他の臓器に血液を回す時間ができます。腸内の改善も時間がとれることになります。
 
夕食は出来れば早めにして、遅くとも夜の8時くらいまでに済ませ、夜から翌日の朝食まで何も食べなければ、胃腸などの 消化器官は休息がとれます。

消化能力が落ちている時は出来れば朝食は抜くか、軽く済ませ(下痢の方はパン類はいけません)ましょう。
 
下痢になる、下痢が続く方は腸内環境が非常に悪い事が原因に考えられます。

消化能力も落ち、腸壁も荒れています。ですから腸内善玉菌が腸内の消化活動を活発におこない、夜には腸内のメンテンスをしっかり行うようにするには、腸内善玉菌を増やすことが一番の早道です。

それと同時にメンテナンスができる時間をたっぷりと摂りましょう。

腸内のメンテナンス応援するサプリメントがありますので賢く利用しましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善には良好な腸内環境
健康は元気な胃腸から生まれます。食べた物を消化・吸収して栄養を全身に送ることが出来るからです。

血液も腸で作られます。腸内環境が良いときれいな血液が作られます。免疫細胞も腸内に殆どあります。きれいな血液は肝臓も丈夫にします。

例えアルコール分解する酵素が無くても、肝臓が丈夫であれば間違ってアルコール入りのお菓子や栄養ドリンクを飲んだとしてもひどい下痢にはならなくて済むかもしれません。

何はともあれ、 腸内環境を良好にすれば、下痢をはじめ様々な問題は解決されやすくなります。

ですから、添加物の多い食べ物は避け、食生活を見直し腸内環境を強化しましょう。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因