下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は運動不足

下痢が続く原因下痢が起こる原因は、菌によるもの、腸内環境の悪化、重大な病気、自律神経の乱れ食品添加物、運不動不足など原因は様々です。
下痢の原因を考えよう3
下痢の原因は運動不足にあるかも?

その中でも、適度な運動は心身ともに健康になるためには欠かせないものです。

しかし、下痢が長く続く方は意外と運動が苦手だったり、外に出るのがおっくうな人が多いように思われます。下痢の原因は様々ですが、原因は運動不足>だったという事もあります。

運動不足はお腹の大敵と言ってもいいでしょう。下痢が続く人は、運動不足のために、内臓がうまく働かなくなっていることもあるんです。
下痢の原因は冷え2
お腹の中の内臓の周りには、主に筋肉でできた壁があります。これを腹壁をいいますが、内臓はこの腹壁に囲まれています。腹腔には、多くの内臓が入っていますが、この内臓の入っている入れ物である腹腔は、外部から刺激から内臓を守り微調整している大切な部分です。

しかし最近では、運動不足などが原因で、この腹腔が弱くなっている傾向があります。

腹腔は、普段は腹壁の筋肉で守られていますが、この筋肉が落ちてやわらかくなると、内臓が入っている腹腔の形が変わり、腸がゆがんできます。

運動不足で、お腹がぽっこりしている人は、腹腔が弱くなってきているかもしれませんので要注意です。

腹腔が弱くなり、腸がゆがむと、その中に入っている臓器を守ることが、出来なくなってしまいます。腸本来の機能が弱ってしまいます。腸本来の機能が低下すると、ちょっとした刺激などで下痢の原因を作り、下痢になってしまうのです。
下痢の治し方笑顔で
心地よいこの季節にウォーキングなどは如何でしょうか。少しでも運動の為に毎日続くと、体全体の調子がよくなります。外に出かけるのが苦手な方は朝起きてすぐのラジオ体操などは、どうでしょうか。朝ご飯をおいしく食べるためにもいいですよ。

定期的に軽い運動を行いながら、規則正しい生活をおくる事は、下痢が続く原因を改善するのに役立ちます。

腸は健康になるための最も重要で且つ最も基本的なものです。腸は非常に傷つき痛みやすいところですが、最も早く修復できるところです。腸はもっとも早く老化しやすいところですが、最も若返りやすいところでもあるのです。

年齢と共に腸は弱くなっていきます。健康長寿は腸からですので下痢の原因を早く改善して元気になりましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は腸内環境を整えよう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。

これは腸内環境の良しあしで決まります。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因