下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は食アレルギー

下痢の原因は様々ですが思い当たる原因もなく、一向に下痢が改善されない、いつまでも下痢が続くなど下痢に悩まされている人が多いものです。

下痢の原因・・・遅発型食物アレルギー

食物アレルギーで、食べた物が原因ですぐに症状が出て、下痢などになれば、下痢の原因はこれだったと判明できるものです。

しかしあまり知られていませんが、食べて数時間後~数週間後とアレルギー症状が出てくる時があります。

これを「遅発型食物アレルギー」と呼ばれていますが、この「遅発型」は、慢性的な疲労感、頭痛、めまい、眠気、不眠、イライラ、肩こり、便秘、下痢、肌荒れ、ニキビ、アトピー性皮膚炎などとなって現れる事があります。

食物アレルギーは、通常は害のない食べ物に対して、身体に備わる免疫の仕組みが反応してしまい、抗体(免疫グロブリン)という物質を大量に作り出すことで引き起こされます。即時型アレルギーに関与するのは「IgE」抗体です。IGEはヒスタミンなどの物質を放出させじんましんやかゆみ、くしゃみなどの症状を引き起こします。

一方、遅発型アレルギーには「IgG」という抗体で、これがアレルゲンと結合すると免疫複合体と呼ばれる物質を作ります。免疫複合体は体中に血液に乗って組織や臓器に運ばれます。そこで溜まった免疫複合体が限界を超えた時に下痢など様々な症状が出てくるのです。

一般に、日本の病院では食物アレルギー検査は「IgE」抗体しか調べないのが現状です。「IgG」は調べませんから、遅発型食物アレルギーは発見されません。

自分の食べていたものが、自分の好みのものがアレルゲンだったということがわかると、何を食べたらいいのか心配や不安になってきます。しかし安心してください。遅発型アレルギーの多くは「食べ過ぎ」が原因なのでその食物を一定期間だけ食べない様にするとアレルギー反応が弱くなります。ですから、自分の身体と相談しながら、ちょっと不安を感じる食べ物を毎日続けることがない様に、バランスよく様々な食材を選んで食べてみましょう。

健康の基本は何といっても腸からです。「元気の元は胃腸から」ですので、まず、腸をしっかり整える事から始めましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。

何を食べても下痢にならない人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。腸内環境を強化すると、下痢の改善は早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因