下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は豆類

下痢の原因・・・豆類を食べ過ぎて下痢になる

下痢の原因は本当に様々です。食事に気を付けていてもおなかの弱い人は「あれ!これって下痢の原因になるかも」と思うだけでもすぐに下痢になることがあります。
下痢で辛い
しかし自分では健康の為に良いと思った食事が意外と下痢の原因になっており、知らずに下痢が続くということがあるもです。
下痢の原因を考えよう3
例えば、豆類は身体に非常に良い食べ物と知られていますが、豆科に毒性が含まれていることは意外と知られていません。アズキ(小豆)やダイズ(大豆)、ソラマメ(そら豆)やエンドウマメ(エンドウ豆)などマメ類の多くには、特に『サポニン』や『レクチン』という物質が含まれています。

『サポニン』には、抗ガン作用やコレステロール低下作用、免疫ふかつ作用(物質の機能や作用を活発化すること)などのさまざまな健康増進作用の可能性が示唆されているほか、界面活性作用を利用した去痰薬など漢方薬としてもたいへん有用ですが、その一方で界面活性剤には細胞膜を破壊する性質や、血液に入った場合には赤血球を破壊(溶血作用)したり、水に溶かすと水生動物のエラの表面を傷つけることから魚毒性を発揮するものもあります。

胃腸の弱い人が食べ過ぎると下痢を引き起こすことがあります。
食べ物による下痢
サポニンはマメ科植物に存在していますが、特にダイズには豊富に含まれています。ダイズには乾燥重量として6%、ソラマメには3.7%、ヒヨコマメに3.6%、エンドウマメに2.5%のサポニンが含まれています。朝鮮人参や甘草にも含まれています。

また『レクチン』では、免疫系を強化したり活性化したりするという有用な一面がある一方、豆科に含まれているレクチンの一種『フィトヘマグルチニン』では、下痢や嘔吐といった症状を比較的簡単に引き起こすとされています。

2006年5月6日、TBSテレビで放送された『ぴーかんバディ!』で、白インゲン豆を3分間炒ってから粉にして、ご飯にまぶして食べるダイエット法を紹介したところ、激しい嘔吐や下痢などの健康被害が全国で発生したのも、この『フィトヘマグルチニン』が作用したからではないかといわれています。
下痢の原因は胃腸の機能低下下痢の原因は菌やウィルス
胃腸の弱い人は腸内環境も良好ではありません。腸内での消化力も弱っており、腸内善玉菌の数も少なくなっています。そのため腸内での正常な機能が発揮できないので下痢が続いたりしているのです。

まずは腸内環境を整えて丈夫な胃腸を目指しましょう。腸内環境を整えるのに必要なサプリメントもありますので上手に利用しましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。

何を食べ下痢の治し方2ても下痢にならない人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。腸内環境を強化すると、下痢の改善は早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「食べ物・飲み物による下痢」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因