下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は自律神経の乱れ

下痢の原因は自律神経の乱れに!
自律神経失調症という言葉をよく聞きます。 この病気は、病院で検査をしてもどこにも異常はないのに、 動悸やめまい、頭痛、憂鬱感などのつらい症状に悩まされる病気です。
脳と腸はつながっている
下痢の原因が分からない、下痢が続くなど、いわゆる過敏性腸症候群といわれる下痢も同じような病気です。
どうやったら下痢の原因を改善出来るかを考えていきましょう。

自律神経の仕組み
人間の神経には3種類あります。一つは知覚神経で、目や耳、皮膚などから映像や音などの感覚を脳に伝えます。二つ目は運動神経です。
手足の筋肉を動かす指令を伝える神経です。そして三つ目が自律神経なのです。自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経というのは主に身体を活発な状態にするように、例えば走る、息をする、勉強するなど、 活発に行動するときに強く働きます。

副交感神経は交感神経と逆で、睡眠中やリラックス状態など、 静かな活動をするなど安静、休息させるように強く働きます。

この交感神経と副交感神経の二つが常にバランスを保って、自分の意思とは関係なく働いてくれます。バランスが整っている時が健康なのです。

ですから自律神経失調症といわれるのは自律神経が乱れることが原因で下痢が起ります。
睡眠不足や過労
自律神経が乱れる原因の一つはストレスです。
引越しや職場の異動、イベント事や環境が変わるなどがストレスになることがあります。
又気温の変化や気圧の変化が激しいと、自律神経はどちらに身体を調節してよいか分からなくなります。

特にこの夏の暑い時期には外気温との温度差により自律神経の乱れが起りやすくなりますし、季節の変わり目などにも下痢は起りやすくなる原因になります。

こうした自律神経の乱れが下痢の原因となって現れてくるのです。

胃や腸は交感神経が優位状態のときに働くのではなく、 実は副交感神経が優位状態のときに強く働きます。
胃や腸が活発になるのは、睡眠中など安静にしているときということになります。静かにしているときに胃や腸が活発になるというのが、正常な人の体のしくみです。
下痢が原因でトイレに
通勤中などは、移動したり、立ったり座ったり行動をしなければなりません。 外にいるわけで、ある程度気も張っておりますから、当然交感神経が優位状態になります。
すると、胃や腸の働きが抑制されます。体調不良などがない限り、 急な下痢などにはあまり襲われません。

 しかし、下痢がなかなか治らないなどの人の場合は、交感神経が優位状態にないといけないのに、 様々なストレスにより副交感神経が優位状態になることがあります。
交感神経と副交感神経がおかしな動きをしてしまうのです。

すると、電車の中で急な排便に襲われたりしてしまうのです。一日に何回もトイレに駆け込むようになってしまうのです。

自律神経の乱れで腸内環境も乱れます。腸内細菌もバランスが乱れ、悪玉菌が優勢になっています。腸内は荒れ、ますます下痢環境になっていき、悪循環となります。

この悪循環をどこかで絶たなければ、下痢が続く原因はいつまでも改善されなくなってしまいます。まずは今一番ダメージを受けている腸内環境を強化することが下痢改善の一番の近道です。

腸内環境を改善するには、今の生活全体を見直し、下痢改善のサプリメントなどがありますので、上手に利用してみましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢改善の早道
下痢の直接の原因は何といっても腸内環境が非常に悪くなっていることです。腸内環境が良好であれば、食べた物やストレスを巧く回避できるようになっています。

腸はヒトの体で最も複雑な所である事が分かってきた事から、最も大切な所であると考えられるようになったのです。この腸の特殊性、複雑性が実は腸の病気が増えてきたり、治りにくかったりする、大きな理由である事が分かってきました。

腸内環境を良好にすれば、下痢をはじめ様々な問題は解決されやすくなります。

ですから腸内環境をしっかり整える事を最優先する事が重要です。腸内環境を良くするサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢の改善は一段と早くなります。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因