下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因は腐敗菌?

下痢が続く原因は、これといった特定の原因がなかなか見つからないものです。

下痢が続く原因は腸内の腐敗菌が増えるから
勿論下痢でも原因がはっきりしているものもあります。
下痢の原因は様々です
ウイルスや細菌による下痢の原因です。これらが原因で下痢になると命にかかわることがことがありますので病院へ行かなけれなりません。
下痢の原因は細菌感染
しかし多くの場合は習慣的なものが主な原因のようです。
下痢の原因は菌やウィルス下痢で辛い
長年の生活態度が下痢の原因を作りますので
、下痢の改善はなかなか難しく、多くの人が病院で治療を受けたものの治らなかったということが多々あります。

下痢は便秘に比べると、下痢の方がずっと対処しやすい病気のように思えます。下痢を止める薬には習慣性はないからです。その反面、薬ではなかなかピタリとは止まってくれないのが下痢。

では下痢とは、医学的にどのような症状を言うのでしょうか。

1.大腸の運動が異常に激しくなるために、腸内の消化物、水分が吸収されずに排泄されてしまうこと。

2.大腸の粘膜の炎症によって水分の吸収が妨げられること。

3.腸管から過剰に水分や分泌物が分泌されること。

簡単に言うと大腸の調整機能の低下です。何かの原因で大腸が正常に働かなくなり、その結果、便が過剰な水分や分泌物を含んでしまい、結腸にとどまることができずに排泄されてしまうのです。
下痢の原因を考えよう2
下痢が続く原因は何でしょうか?
原因としてはいろいろと考えられますが、食中毒や細菌による感染症(赤痢など)の下痢、潰瘍性大腸炎などによる下痢は、もっぱら過敏性腸症候群と呼ばれる神経性の下痢や、冷たいものの飲みすぎやアルコールの摂りすぎによる下痢のように、日常的な非感染性の単純なものですが、これらが下痢の大半を占めているのではないでしょうか。

長く続く場合は医療機関に受診することは当然の事ですが、問題は下痢をする原因よりも、下痢をした結果にあると思います。

下痢は過剰な水分が原因とは言っても過剰に水分を摂取したということではなく、便に含まれている水分が多いということです。
下痢 軟便
便に含まれている水分が多いと、直腸が敏感に反応して便意を引き起こす、また直腸の緊張が高まると、たとえ腸の中に何にも無くても便意を感じるので、一度下痢になると何も出すものがなくても、トイレに駆け込みたくなる、なのに出るのは水分ばかり。

ところが問題はその水分です。水分が過剰になると、腸内にある善玉菌を流してしまい、さらに下痢をしたことで腸内にタンパク質を分解する腐敗菌が増加して、善玉菌を殺してしまうのです。
下痢の原因は細菌感染
逆に言うと、その腐敗菌が増加しているかぎり腸の調整機能を狂わすので、下痢は治らない。ではどうやってその腐敗菌を殺すか、それがキーポイントです。

一つは医療機関で殺菌力の強い薬を飲んで腐敗菌を殺し、感染症とか、食中毒を留めた後、腸の自然な回復を待つ方法ですが、その後の回復を早めるために納豆菌の力を借りると回復が早まります。
下痢を改善する腸内環境
その理由の一つは、納豆菌のしぶとさです。納豆菌は芽胞菌という種類の単細胞生物ですが、飲めば腸の中で腸内細菌の善玉菌と働き、ビフィズス菌のような善玉菌の増殖を助ける働きがあるのです。

とは言ってもビフィズス菌や乳酸菌とは種類がちょっと異なります。ビフィズス菌や乳酸菌は、その名前の通り菌の形をしていますので、熱や酸などに弱い性質があります。

つまりちょっと温度が上がったり、胃酸などに触れたりするとすぐに死んでしまいます。
下痢を治す納豆
ところが納豆菌は、菌ではあっても周囲の環境が繁殖に適さない状態になると胞子状になって熱や酸に強い形になるのです。

乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に触れたり、60℃、30分の加熱で簡単に死にますが、納豆菌は80℃、30分の加熱でも死にませんし、胃酸にも強いのです。また日光や乾燥、さらに低温にも強く、マイナス1OO℃であっても生き続けます。

そこが同じ腸内細菌であっても他の細菌と違うところです。

同じ腸内細菌であっても菌の形をしたビフィズス菌などは、口から胃、そして小腸に行くまでに、胃酸などに侵されて死んでしまう菌も少なくないのですが、納豆菌はしぶとく大腸まで辿り着きます。
下痢を改善する腸内環境
下痢の改善は腸内環境の改善から!
こうして大腸までたどり着いた納豆菌は腸内で猛スピードで増殖し始めます。と同時に長年腸内にいる乳酸菌あるいは飲んり、食べたりした乳酸菌もどんどん加速して増えていきます。

そうすると腸内は腸内善玉菌で満たされ、悪玉菌が増える隙間がなくなり 、悪玉菌の数が減っていきます。

すると腸内は腐敗から、脱皮し、腸内環境はどんどん良くなっていきます。食べものなどの生活習慣で腸内環境が悪くなっているとしても、良いものをどんどん腸内に送り込むことによって環境はだんだんと変わっていくものです。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境が良くなると腸内活動が正常に戻り、下痢もなくなるというものです。腸内を腐敗から守るのに必要なサプリメントがありますので、これを上手に利用すると下痢の改善は非常に早くなります。

PageTop

「下痢が続く(慢性的な下痢)」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因