下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は神経の老化

下痢の原因は千差万別です。年齢層も広く下痢の原因は日常的な生活の中に多く潜んでいます。

下痢の原因は神経の老化
年を重ねると神経の老化による腸のトラブルで下痢の原因になることが多々あります。
下痢と便秘の頻度が増えてきたら「神経」の老化の証と言っても過言ではありません。
下痢の原因を考えよう3

下痢の原因は器官の老化
年をとるにつれて、「胃」を中心とした「消化器官」が徐々に弱ってくることは、一般的に知られていますが、それに加え「膀胱」「腸」と言った「排出器官」も弱っていきます。

そのため、年をとってから急に、それまで無縁だった下痢や便秘に悩む方が多いのです。

「尿漏れ」や「頻尿」といった症状は、女性の更年期障害の症状として有名ですが、下痢や便秘等の「後ろ」の症状に関しても、中高年の体の劣化と、ホルモンの減少が大きく関わっています。

物理的な劣化と自律神経のトラブル排尿・排泄器官の劣化の、大きな原因の1つが「器官自体」の劣化と、それらを取り巻く周囲の器官の劣化です。

膀胱の力が弱くなることによって、尿を溜めておくことが出来なくなり、腸の劣化によって、異常な収縮を起こしやすくなったりします。

また、「肛門括約筋」の劣化によって「留めておくこと」が出来なくなったり、「我慢」することが出来なくなったりする結果、我慢の限度が下がってしまうことになります。

そして、それに加えて「コントロール出来ない」要因が、大きな影響を与えることも増えてきます。
脳内ホルモン
下痢の原因は自律神経のアンバランス
腸の活動は「自律神経」の影響を非常に受けやすいことで有名です。自律神経は、自分の意志でコントロールすることが出来ません。

緊張したり、憂鬱なことを考えて下痢を起こしてしまった経験がある人も多いと思います。また転職等によって、生活環境に変化があった後に、しばらく下痢が続くという人もいますがそれは「緊張」「憂鬱」よりも、環境変化による「ストレス」が自律神経に影響を与えている結果です。

下痢が原因でトイレにFotolia_69108352_XSこういった、精神的な要因が「下痢」という形で現れる人と「便秘」という形で現れる人がいますが根本的な原因は、同じく自律神経にあります。

自律神経のバランスは難しい
排便のメカニズムには、腸の収縮が関わっており、収縮が過敏になって、起きやすくなるのか、鈍感になって、起きにくくなるかの違いです。

そして、この「無意識」の腸の動きにこそ、自律神経の働きが大きく影響を与えています。加齢によって、女性ホルモン(エストロゲン)が減少してくることは有名ですが、男性も、男性ホルモン(テストステロン)が減少してきます。

そして基礎ホルモンの減少は、自律神経のバランスを乱します。というよりも、バランスを保つことが困難なります。その結果、排泄機能に不具合がおきます。
下痢の原因は胆のうに
中高年の下痢・便秘の改善策
一般的な便秘・下痢の症状とは、やや違いがありますが、適量の水分、適度な食物繊維、適度な乳酸菌、といった、基礎的な腸内環境の改善策は有効です。

そして、これらに加えて、下半身の筋肉の劣化を食い止めること、自立神経のバランスをとりやすくすること、こういった、劣化に働きかけることも必要です。

太陽に合わせて生活を送り、また、太陽の下で運動をすることを生活に取り入れましょう。刺激物を避けて、胃腸に余計な過負荷をかけない程度の、消化しやすい食事を摂取することも、これから先、必要になってくる習慣になります。
下痢 軟便
いわゆる軟便と言われている便は、水分含有量が8~9割程度の状態の事を言います。数日~数週間単位で軟便が続いてしまうと、何かの病気なのかも知れないと不安になってしまうかも知れませんね。

ちなみに通常の便は7割り程度の水分含有量で、硬いと言われている便は7割未満位の水分量です。

軟便は基本的に水分を摂り過ぎたり、コーヒーやスパイス等のように腸を刺激してしまう食べ物、脂が多い食事を一度に沢山摂ってしまった場合に起きてしまう場合が多いです。

食事だけでは無く、ストレスや気温等の生活環境の変化等でも簡単に軟便になってしまう事が有ります。

急に軟便になって、病気では無いかと過敏に反応してしまう必要は有りませんが、便自体の色や臭いが軟便になる前と大きく異なる場合は、何らかの病気に繋がる可能性も有りますので、病気や何らかの異変で軟便になってしまった時の見分け方についてまとめておきたいと思います。

病気の心配が有るとは言え、誰かに相談するには勇気が必要な事だとは思いますので、誰かに相談する前に、確認の意味も兼ねて目を通していただけると幸いです。
下痢の治し方
軟便は病気のサイン?
下記のような状態はやや危険です
直径1センチ程度の太さの軟便で金魚のフンのような状態
ストレスによる軟便の場合がほとんどですが、直腸ガンの可能性も有ります。

日ごろから運動不足気味で肉中心で野菜の少ない食生活、アルコールは毎日摂り、大腸ポリープになった経験が有ったり、家系的を辿ると大腸ポリープや大腸がんを発症させている方は要注意ですね。

あまりに細い軟便が続くようでしたら病院へと行き、将来的に心配なようでしたら、食生活の改善をするべきです。

軟便が自分の便とは思えない位臭い
健康的な腸内環境であればそこまで臭う事は稀で、野菜が不足していたり、肉や揚げ物、スナック菓子が多い食生活の場合は便が臭って来ます。

オリゴ糖や乳酸菌、食物繊維を積極的に摂る事で解消出来る場合もあります。ですが、胃や腸自体の大幅な機能低下や何らかの異常が起きてしまったと言う可能性も有りますので、食生活を改善したにも関わらず軟便の臭いが異常に臭い場合は病院に相談して下さい。

軟便が出た後に未消化らしき物が浮いている
食物繊維等のように消化しにくい食べ物が残っているのなら心配する必要は有りませんが、アクのような脂分が浮いていたり、明らかに未消化な物では無い物が浮いている場合や、軟便自体に混在している場合は、「膵炎(すいえん)」「腸炎」等の病気の可能性も有ります。

軟便が続いてしまった場合、腸内の悪玉菌の比率が多すぎる可能性が高いです。

便はおなかからの便り、ともいえます。まじまじと観察する必要はないかもしれませんが、色や匂いなどを一度確認してからトイレを流す習慣をつけたいものです。
下痢を改善する腸内細菌
下痢改善は腸内環境の強化
健康の要は何といっても腸内がきれいである事。つまり腸内環境が良好で腸内活動が正常に行われることです。

腸内には免疫細胞が約80%も存在しており、身体全体のメンテナンスを絶えずしているのです。食べた物を消化・吸収・排出・エネルギー生産・ホルモンなど実に様々な体内の化学工場的な役割をしているのです。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を良好にすると様々なトラブルは解決しやすくなります。下痢もそうです。腸内環境を良好にするサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因