下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は睡眠不足②

下痢の原因は様々ですが、病院で治療を受けても下痢が続く状態が改善されないまま、下痢が何年も続いている方がおられます。
下痢の原因・・・睡眠不足で下痢になる
睡眠不足で下痢

腸は他の臓器よりも精神的な影響を受けやすい臓器です。 緊張やストレス、不安感などが高まって自律神経が乱れると腸の働きが過敏になってしまうためです。腸が刺激を受けることで動きが早まり水分を十分に吸収できなくなり下痢になります。

例えば睡眠不足によって体がストレスを受けた場合、睡眠不足が原因で下痢になることがあります。 睡眠不足で下痢を起こさないために 6項目を挙げてみました。自分にはどれが当てはまるのか参考にしましょう。

1.質の良い十分な睡眠
やはり原因が睡眠不足だとわかっている場合は、睡眠不足を解消する事が先決です。ただし、たくさん寝ていても眠りが浅い睡眠不足状態では意味がありません。質の良い睡眠をとりましょう。
寝る前にアルコールはもちろん飲食を控えたり、テレビを見ながら寝ない、 スマホ、タブレットなどを布団に持ち込まないことが深く寝るために重要です。

2. 規則正しい生活を送る
早ね、早起きは昔から「三文の得」と言われるように、朝は日の光を浴びて目覚め、夜は早めに寝ることが大切です。 平日の睡眠時間を取り戻そうと、休日に多く寝ると睡眠のリズムが狂ってしまいます。平日の起床時間から1~2時間程度までにおさえましょう。 規則正しい生活で少しずつでも自律神経の乱れを整えていきましょう。
下痢の治し方笑顔で
3. 軽い運動をする
ウォーキングやジョギングなどの軽い運動は、体をリフレッシュさせる効果や寝つきをよくする効果があります。 まずは自分の無理のない範囲ではじめてみてください。
下痢の改善は温めること

3.湯船に使ってリラックス
シャワーではなく、湯船につかってリラックスすると自律神経の乱れを整えたり、 夜の寝つきをよくする効果があります。寝る1~2時間前に入浴をすませておけばスムーズな睡眠の助けになります。
下痢の原因は見慣れない魚に?

4.栄養のバランスのいい食事を心がける
寝不足からの下痢は複合的な要因がほとんどです。 下痢の方は消化の良いものを食べがちですが、和食中心のバランスのよい食事を意識しましょう。栄養バランスが整い、少しぐらいの睡眠不足でも下痢になりにくい体になります。

5.普段から乳酸菌で腸内環境を整えておく
普段の食事にヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌や、大豆、漬物、味噌汁などの植物性乳酸菌などもプラスして腸内環境をよくしておくことも下痢になりにくくなる秘訣です。
ただし、動物性乳酸菌は合わない人もいるので自身に合った食材は見つけておくべきです。

6.寝る直前のテレビやゲーム、パソコンをやめる
寝る直前までテレビを見ていたり、布団の中でスマホやタブレットを使うとブルーライトの刺激で質の良い睡眠がとれないという研究結果もあります。
質の良い睡眠をとるためにも電子機器の使用を寝る1~2時間前にはやめておきましょう。

生活習慣を正すことは下痢の予防、他のさまざまな病気にも良いのでぜひ続けてみてください。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に使ってみましょう。下痢の改善の近道になります。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。 何を食べても下痢にならない人がいます。

そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。腸内環境を強化すると、下痢の改善は早くなります。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因