下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は植物発酵食品

下痢の原因は千差万別です。昔は下痢の原因と言えば、細菌性の急性下痢や食べ過ぎ、飲み過ぎ、冷えすぎなど一過性のものが多かったようです。
下痢の治し方
しかし現代では若者を中心に慢性的に下痢が続く方が非常に増加しています。病院に行き薬をもらってもなかなか下痢が改善されず、下痢の原因が分からない人がいます。

発酵食品でも下痢の原因に!?
最近は腸内環境を見直しましょうという番組が頻繁に報道されています。それほど現代人は腸内環境が悪くなっており、下痢や大腸ガンなど様々な病気の原因にもなっています。

腸内環境の改善を考えた時、真っ先に思いつくのがヨーグルトや納豆に代表されるような「発酵食品」ではないでしょうか。発酵食品は腸内環境改善のためには最適なのですが摂り方を間違えると下痢になる可能性があるのです。

発酵とは細菌や酵母、カビなどが作り出す酵素の働きによって、人に有効的なものを作り出す働きのことです。お腹を下しがちな人が簡単に摂取することが出来るヨーグルトは、乳酸菌という細菌が乳酸を作っており、その種類や数は豊富に存在しています。
下痢の原因を発酵食品で改善
発酵食品を大きく分けると動物性発酵食品と植物性発酵食品に分けられます。

下痢の原因は植物性発酵食品
動物性発酵食品が下痢の原因となる場合がある事をお知らせいたしましたが、実は植物性乳酸菌でも下痢になることがあるのです。

乳酸菌の中でもヨーグルトなど動物性のものより強い、日本人と相性の良い漬物などの植物性乳酸菌の方が相性が良いとされています。

腸内環境を整えたり、腸を綺麗にする働きがあり、便秘や下痢を解消することが期待されている乳酸菌を摂取することで、下痢になってしまう可能性があるなんてなんだか本末転倒な気もしますが、乳酸菌摂取により下痢が起きてしまう理由には大きく分けて4つあります。

下痢の原因
①過剰摂取
乳酸菌を過剰摂取することで下痢になってしまう。植物性乳酸菌飲料や発酵食品の漬物などは食品ですから摂取することで副作用の心配はありません。

しかし、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」という言葉があるようにいくら体に良いといわれるものであっても過剰摂取はよくありません。ですが、適量は腸内環境が整い下痢を改善することも可能です。

②好転作用
先述の通り乳酸菌の食品は副作用はありませんが、稀に好転作用のひとつとして「下痢」という症状が表れることがあります。下痢を改善するどころか下痢が酷くなる方は、実は好転作用による下痢ですと考えてもよいでしょう。

善玉菌が優勢になるために悪玉菌と戦っている状態で、善玉菌が優勢になり腸内環境が整うと下痢は治まります。

③蠕動活動が活発になり過ぎたため
乳酸菌を飲んだり摂取し始めたことで一時的に腸の蠕動活動が活発になりすぎ下痢を起こしてしまうこともあります。

実は、悪玉菌が優勢な状態の時には蠕動運動は鈍い状態、つまり円滑に作動していないため有害な物質を作りやすくまた溜め込みやすくなっているのですが、乳酸菌を摂取したことにより腸が刺激され蠕動活動が活発になると排便もスムーズに行われるようになります。

ですが、悪玉菌が優位にあり蠕動運動が抑制されている状態のところに乳酸菌が顔を出し腸を刺激し蠕動運動を促した際に、一時的に蠕動運動が活発になりすぎてしまい、下痢してしまうこともあるのです。しかし、継続的に乳酸菌を摂取し善玉菌を増やし優位にすることが出来れば蠕動運動のリズムも整い下痢も治まります。

④漬物などに含まれる成分
市販の漬物は発酵食品だからと言って毎日とり続けていると腸内環境が逆に悪くなり下痢になることがあります。市販の漬物には添加物がたくさん入っています

漬物が伝統的な発酵食品だったのはかつての話で、今や不自然な食品の代表格になってしまいました。例えば手作りの漬物と市販の漬物を比較してみると

沢庵の原材料と食品添加物

●無添加品(本来の作り方)
 干し大根・米ぬか・食塩・昆布・砂糖

●市販の漬物
・大根・食塩・ぬか・ふすま(ひいた小麦粉の皮くず)・グルタミン酸ナトリウム・グリシン・乳酸・ポリリン酸ナトリウム・ブドウ糖果糖液糖・サッカリンナトリウム・甘草・ステビア・グアーガム・ミョウバン・ソルビン酸カリウム・黄色4号・黄色5号・赤色3号など、多くの着色料は欧米では禁止されていても日本は許可されており、漬物業界は危険が分かっていても大量の合成着色料を使います。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整える食事
腸内環境を整えるには出来るだけ手作りの、添加物のない発酵食品を選びましょう。もしできるのであれば、自分でぬか漬けを作ったりするのもいいですね。

動物性発酵食品や植物性発酵食品(漬物など)には添加物がたくさん入っているものもありますので、食品の裏に記載されている成分をしっかり見ましょう。

出来るだけ添加物の少ない食品を心掛けて食べましょう。
腸内環境を整えるサプリメントなどがありますので、上手に利用すると下痢の改善は一段と早くなります。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因