下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は熟成肉に!?

下痢の原因・・・熟成肉のブーム

下痢の原因は沢山ありすぎて、下痢の原因が一体何なのか実際病院のお医者様も本人も分からない程、様々な要因が重なっています。
下痢の原因は様々です
不調の時に食べた物、あるいはストレスが増えた事など様々な原因が重なった時に下痢が誘発されるようです。食べ方にも下痢の原因となる問題があるようです。
下痢の原因は菌やウィルス
下痢の原因は肉の脂
例えば高い肉を食べたら下痢をした。こういう話って結構耳にする事があると思います。

そういう話をする時って、「貧乏だから高い肉があわない」とか「高級な肉に体が驚いたんだな」と言って、笑い話になる事も多いです。しかし、高級な肉を食べて下痢をするっていうのはある意味当たり前のことでもあるのです。

高級な肉というのは、脂肪が綺麗に入っているものです。よく霜降りだとかサシとか言いますが、一般的に脂肪といわれているものです。

安い肉でも「さいころステーキ」なんて綺麗に脂肪が入っているように見えていますが、あれは人工的に脂肪を注入しているものがほとんどです。

話を戻しますが、高級肉といわれているものはこのサシがかなり重要です。しかし、上記しましたが、サシ、霜降りは脂肪です。その脂肪が多く入っている肉を食べれば消化があまりよくなく下痢の原因になりやすいのは理にかなっています。
焼肉
言い方は悪いですが、お金のあまりない人は、肉は「量」を食べたいと思う人が多いと思います。しかし、高級肉のように脂肪が綺麗にまんべんなく入っている肉を沢山食べれば、それだけ、脂肪を沢山食べているのと同じ事です。

それを、安い肉と同じように沢山「量」を食べれば下痢する原因になって当然ともいえるでしょう。

高級肉といわれるものは「少量」食べて満足するものだと思います。というか、そういった高級肉を普段食べる人というのはメインに肉を食べるでしょうが、それ以外にも食卓には沢山のおかずが並ぶと思います。ある意味、バランスの良い食事というイメージです。

その一方で庶民感覚では、メインの肉がどーんとあって、それ以外のおかずがちょこっとあればいい。メインの肉をおかずにご飯を沢山食べるイメージです。

そうした庶民が高級肉を食べるとなると「量」を食べるイメージが強いため、脂肪の多い肉を沢山食べて下痢をしてしまうのです。

ただ、やはり高級肉といわれている肉は美味しいですよね。日頃食べている肉が「硬く」「うまみが少ない」為、高級肉を食べると当たり前ですがすごく美味しく感じるもの。

それを少量しか食べないなんて選択肢はほぼないと思います。

そして結果下痢になったり、気持ちが悪くなったりしてしまいがちです。ただ、もうそういう結果になってもかまわないと覚悟を決めてあるのなら、いいんじゃないでしょうか?

下痢の原因になるとわかっていても、食べたい欲求を我慢するのもストレスになり、過度なストレスは結局体調不良に繋がります。

夏のスタミナ補給に欠かせぬ肉料理の中でも、一定期間寝かせて旨味を“発酵”させる熟生肉は近年ブームとなっています。最近ではファミリーレストランや牛丼チェーン店でも提供されるようになりましたが、内科医の吉島聡氏はリスクが高い料理だと語っています。

下痢の原因は熟成肉のカビ
 「本来、熟成肉はブルーチーズの発想と一緒で、表面を青カビでコーティングすることで中身の旨味成分を発酵させて増やす。

しかし実際には“腐敗”一歩手前の肉を提供するわけで、しっかりカビの処理・調理できる環境が整っていなければ危険です」 青カビ自体は非病原性なので健康な人には感染しませんが、他の有毒カビを増殖させてしまっている可能性も。
Fotolia_73606495_XS
「カビによる健康被害は感染症、アレルギー、また夏風邪に似た夏型過敏性肺臓炎などがあります。

なかには発がん性の高い『アフラトキシン』というカビもあるので注意が必要」(吉島氏)また、2012年に牛肉のレバ刺しやユッケの提供が禁止になって以降、鶏の生食需要が増えているが、吉島氏はこれにも警鐘を鳴らしています。

 「食中毒の原因となる大腸菌O-157やカンピロバクター菌は肉の表面に付き、一定時間焼けば消えます。しかし、内部に入り込んだほんの僅かな細菌だけで、発症するケースも多数報告されています。

たかが食中毒……と甘く考えがちですが、抵抗力が弱まっていれば、合併症で死亡することもあるのです」(同)

 実際、台東区の飲食店で“湯引き”した鶏のササミ肉を食べた23人が集団食中毒になるなど、表面は熱されていても、中身に細菌は残っていることも十分に考えられると覚えておきましょう。

流行のブームで皆がおいしいと言っているものでも、それが果たして胃腸に優しい安全な食べ物かどうかは別問題です。

初めて口にする食べ物の場合、おなかが敏感な方、弱い方、下痢しがちの方は、慎重に少量から始めてみるようにしましょう。
Fotolia_111354259_XS
下痢の改善は腸内環境から
健康の要は何といっても腸内が健康であることです。腸内フローラ―が良好であることです。

腸内環境が整っていると、腸内で有害な物、有益な物を識別して、悪い物は排出してくれます。

おなかが弱い方は良いものまで排出してしまいますので、下痢が続く方はなかなか栄養の吸収が十分できなくて、不調の原因になったりしてしまいます。

腸内での正常な機能が果たされれば、下痢にならなくて済みます。同じものを食べても下痢になるならない人は腸内環境の良し悪しで決まります。

まずは腸内環境を整える事から始めましょう。そうすると下痢の改善は一段と早くなります。

腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因