下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因は大腸ガンに

下痢の原因・・・大腸ガンによる逆説的下痢

下痢の原因は様々ですが、一過性な下痢になるなど比較的、心配することのない下痢から急性な下痢、あるいは慢性的な下痢が続く場合は注意が必要です。



慢性的な下痢が続くのは急性な下痢とは異なり、3週間以上続く場合を慢性下痢と呼びます。

慢性的な下痢の場合ははっきりとした下痢の原因がわからないことが多く、「そういえばずっと続いている」と原因や症状が現れた時期があいまいなケースも珍しくありません。

現代ではストレスの多い環境ですので、腸内もストレスの影響を受け腸内が過敏になり下痢の原因として過敏性腸症候群として慢性的な下痢の原因が多く挙げられています。

ところが重篤な病気による慢性的な下痢があることも覚えておきましょう。
例えば、意外なことですが大腸ガンは一般に「便秘」になるのですが下痢になることもあります。これは逆説的下痢と言われます。大腸がせまくなると、一度に便を全部だしきれず、少しづつ細い便を何回にもわけて出すことになります。

すると患者さんは下痢と勘違いしてしまいます



突然、鉛筆ぐらいの太さの細い便が続いたり、残便感がある場合、 直腸に出来た腫瘍に排泄が邪魔されているのかもしれません。
細い便が出るのが頻繁で続く場合は病気の可能性も否定できないので、 医療機関での検便をしてみましょう。

特に大腸ガンは腸の病気として初期には自覚症状が全くないのが特徴です。血便や便通異常が比較的早くから起きることがありますが、初期症状と呼べるほどに早くから見られることはまれです。

また、特徴的な兆候というわけでもないので、たとえ下痢が続くとしても、また下痢だと勘違いしても他の下痢の原因を疑って受け流してしまうことも多く、初期症状を自覚して早期発見をするのは困難です。

腸は健康の要です。昔から「元気の元は胃腸から」と言われていますので、何よりもまず腸を元気にすることが大切です。腸を健康にするのに必要なサプリメントがありますので、上手に利用してみましょう。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

腸内環境を整えよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。

何を食べても下痢にならない人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。



腸内環境を良好に保つと、大腸がんの予防、生活習慣病の予防、アレルギーー体質の改善など様々な健康効果が発揮されます。
まずは腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

病気の可能性の最近記事

関連記事