下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は夏風邪に

下痢の原因下痢が続く原因は人によって異なります。
下痢の原因を考えよう3
下痢の原因は夏風邪に
食事、気温の変化などですぐ下痢になり、下痢が続く人がいます。また、夏になると屋外と涼しい室内での温度差がある場所で、何度も行き来すると自律神経が乱れ、おなかが弱い方は胃腸が弱り、下痢の原因となることがあります。

下痢が続くのと、暑さで夏はますます体力が衰えてきます。
Fotolia_85129176_XS
暑い夏にも様々な原因から風邪にかかります。冬の風邪との違いは、感染するウイルスの種類です。どちらもウィルスが原因なので、基本的には違いがありません。
鼻水
夏風邪は、発熱や腹痛、下痢、激しい咳などの症状があり、冬の風邪と同じように対処するのかどうか悩むところです。

実は風邪という病名は無く、風邪症候群として熱、鼻水、鼻づまりなどの症状が現われた場合、風邪と呼んでいます。

風邪は健康な人でもかかりますが、とくに疲れや寝不足などで体力や免疫力が低下しているときにウイルスに感染しやすいです。
Fotolia_73606495_XS
 さらに夏は夏バテもあり、注意していても暑さで体が弱る季節ですし、暑さのために食品も変質やすく、下痢の原因要素が冬に比べると多いのです。

多くのウイルスは寒くて乾燥した環境を好むので、冬には風邪やインフルエンザが流行します。 しかしウイルスの中には暑くて湿度が高い夏の環境を好む夏風邪のウイルスもいます。

夏風邪はお腹に来る、下痢になる原因と言いますが、これはエンテロウイルスに感染したケースでよくみられる症状です。

「エンテロ」とは「腸」の意味で、エンテロウイルスは 喉だけでなく、腸でも繁殖します。
そのために発熱や喉の痛みに加えて、下痢や腹痛などの腸の症状を訴えるのが特徴です。

アデノウイルスも喉や腸で繁殖しますが、発熱と喉の痛み、激しい咳が出るのが特徴です。アデノウイルスの「アデノ」とは「喉」の意味があります。

咽頭結膜炎や咽頭炎を起こすケースもあります。
乳幼児の場合は百日咳かと間違えるような激しい咳が出る場合があります。
下痢の原因は栄養失調
夏風邪でも鼻水の症状が出ることもありますが、どちらかと言うと、下痢と咳の症状が主になります。少しでも夏バテかな?と思うようなダルさや疲れを感じたら、休息をしっかりとるようにしましょう。

毎年、猛暑と騒がれる昨今です。早め早めの水分補給を心がけ、急にお腹を冷やして、下痢にならないよう気をつけましょう。

健康の要は何といっても基本は腸です。食べたものを消化吸収し、外敵から(ウイルスや細菌、有害物質など)守ってくれるのは腸だからです。

腸が健康であれば、病気知らずの健康体でいられます。腸内環境が悪くて、腸の働きが悪くて下痢になった方、何年も下痢が続く方はまずは腸内環境をしっかり整えてみましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整え、下痢の改善に力を発揮する善玉菌をたくさん摂り入れることを早急にしてみましょう。善玉菌を増やし、腸内環境を整えるのに必要なサプリメントがありますので、試してみるのも一つの方法です。下痢の改善が一段と速くなります。


PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因