下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は夏風邪から

下痢の原因は人によって様々な要因が挙げられます。

下痢の原因は夏風邪から
近年食生活や食環境、生活環境、人間関係が複雑になり、下痢の原因は益々増えています。しかもその下痢の原因は複雑化し、下痢の原因そのものが分かりにくくなっています。
下痢の原因を考えよう
夏になると外気温が高いため、体を冷やそうとして冷たい物を飲んだり、食べたり、又食欲が落ちるため簡単な口当たりの良い物を食べたりする傾向があります。

こうしたことを繰り返していると胃腸を壊してしまい、夏になるとお腹を下してしまう・・という人は多いのではないでしょうか。
下痢の原因は胃腸の機能低下
なかなか治らなくて下痢が続くと、とても辛いものです。
夏風邪は一度かかってしまうと治りにくく、長引いてしまう人が多いと言われています。また、夏風邪によって夏バテが助長され、秋以降も下痢に苦しむ人も増えてきています。そこで今回は夏風邪で下痢が治らない原因や早く治す方法・対処法についてまとめました。
 
夏風邪の下痢がなかなか治らない原因は?
下痢の原因は色々ありますが、夏風邪の下痢の主な原因に【お腹が冷えている】という事が考えられます。氷がたっぷり入った冷たい飲み物を飲んだり、アイスを食べたり、布団を掛けずに寝てしまったり・・・。

暑い夏は、意識するとしないとに関わらず、お腹を冷やしてしまう場面がとても多いです。また、炎天下の屋外とクーラーの効いた室内の温度差などからも自律神経が乱れがちになってしまいます。
下痢の原因はクーラーによる冷え
お腹や体が冷えたり自律神経が乱れたりすると体の免疫力も低下してしまい、日頃は感染しないようなウィルスに感染しやすくなってしまいます。
下痢の原因菌
夏の風邪で下痢の症状がでた場合
【エンテロウィルス】の感染が考えられます。エンテロウイルスは腸管で増殖するのが特徴で、感染している人からの飛沫感染や経口感染で腸管に入り、増殖していきます。この場合の下痢は、ウィルスを体から追い出そうとしていると考えられるのでむやみに市販の下痢止めを飲む事はおススメできません。

下痢が長引いてしまう原因として、ウィルスに感染して下痢をする→体力がなくなり、なかなかウィルスを退治する事が出来ない→下痢が長引く・・・という悪循環に入ってしまうという事が考えられます。
それではどうすれば下痢を早く治す事が出来るのでしょうか。

夏風邪の下痢を早く治すには?
① 冷たい食べ物や飲み物は避ける
まず、冷たい飲み物を飲むのはやめましょう。
体を冷やさないように常温か温かい飲み物を飲むように心がけて下さい。

生姜や梅干しは体を温める作用があるので、味噌汁に入れたりお茶づけにしたり温かいうどんに入れたりして積極的に摂取しましょう。

食事も冷たい生野菜やそうめんなどは避けてください。食べ物も飲み物も【温かいものしかとらない】と決めると良いでしょう。消化の良いもの・栄養があるものをしっかり選んで下さいね。
Fotolia_72962771_XS
② すでに冷えてしまっている体の冷えをとる
 貼るカイロでお腹を温める
 冷え取り靴下を履く
 湯船にしっかりつかる(ぬるま湯に20分以上)
 湯たんぽで足やお腹を温める
などなど・・・

冷やさないように心がけることと並行して、とにかく体を温めると言う事を意識して行って下さい。
【病気は温めると治る】とも言われています。
下痢の原因は呼吸
③ 自律神経のバランスを整える
自律神経を整えると体のストレスが軽くなり、体の免疫力が高まる事にも繋がります。

 深呼吸(腹式呼吸)
 ストレッチなどの軽い運動
 アロマなどでリラックス
 焦らず行動する
など・・自律神経のバランスを整える事を意識してください

④ 体をしっかり休める
ここ数年の夏の暑さは異常です。
熱帯夜が続いて夜中に起きてしまい、しっかり睡眠がとれていないという人も多いのではないでしょうか。
電気代が気になるからクーラーをタイマーにして眠るけど、タイマーが切れると起きてしまう・・という方は、思い切って朝までクーラーを付けたまま寝てしまいましょう。(クーラーを付けたまま寝ると体調が悪くなるという人は難しいですが・・・)
しかし、温度設定は28℃にする・冷房の風邪は直接当たらないようにするなど体を冷やしすぎないようにする事は大切です。
タオルケットをしっかりかける事も忘れずに。クーラーで体調が悪くならない方は、朝までゆっくり眠って体をしっかり休めてください。

◆夏の下痢の原因として、ウイルスの次に挙げられるのが、飲み物でお腹をこわすことです。
暑いのでついつい冷たい飲み物を飲み過ぎてしまう時期です。胃腸を冷やす原因になってしまい下痢になってしまいます。対処策としてはできるだけ冷えた飲み物を避ける事です。

ですが、夏場の時期にあまり生ぬるいと体がうけつけない方もいらっしゃると思います。大切なのは、キンキンに冷えたものを一気にたくさん飲まないことです。

適度に冷えたものを口にするのは、涼をとって快適に過ごすのに良いでしょう。人によっては夏でも熱いものを飲むのを好む人もいます。

◆食べ物も同様
特に夏場は食品が傷みやすいので室内であっても一度作った料理は出しっぱなしにしておかないようにしましょう。部屋の構造にもよりますが台所はエアコンが直接届かない場所だと思ったよりも食べ物が早く痛みます。

◆クーラーの付けすぎ
 オフィスであっても家であってもクーラーを付け過ぎるとお腹を冷やして下痢の原因になります。クーラーの風が直接当たらないように工夫することと腹巻きなどを使って冷えないよう対策をしましょう。
クーラー
◆自律神経が乱れるのも原因
夏の時期はクーラーが効いたオフィスや施設と外を出入りすることが少なくありません。「暑い-寒い」場所を行き来するのは身体にも負担がかかり自律神経が乱れる原因にもなります。

自律神経が乱れると胃腸にも影響が及び下痢をすることがあります。

職場の室内温度設定は全体なので変えることができないので、服装を調整してできるだけオフィス内で身体を冷やさない工夫をすることで影響を最小限に抑えることができます。

暑いとそれだけで体力を消耗します。疲れていると胃腸が十分に機能しなくてお腹を下すこともありますので、特に夏場の時期は体調管理に注意して生活することが大切ですね。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を強化しよう!
夏風邪になったら食事に気を付け、腸内を正常な機能に戻す必要があります。腸内環境が整えば、下痢も慢性化せず、早く治ります。腸内環境を強化する食事をするか、腸内環境を整えるサプリメントがありますので、これらを上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因