下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因はレトルト食品

下痢の原因はレトルト食品
下痢の原因は人様々です。下痢の原因は大きく分けて細菌性、ストレス、食べ物から下痢の原因になるなど、それぞれ条件が異なります。おなかは私たちが食べた物を消化し、栄養にするなど様々な働きをします。
下痢の原因は様々です
ですから何をいつどの様に食べたかがとても重要になります。特に最近は美味しいもの、簡単に食べられるレトルト食品などが満ち溢れ、それによって下痢の原因となることがあるようです。

あなたはレトルト食品を良く食べますか?
忙しい時や、あともう一品欲しい時などに簡単に美味しく食べられるレトルト食品は、もはや私達の生活には欠かせません。最近ではスーパーに行くと本当にたくさんのレトルト食品が並んでいるので、どれにしようか迷ってしまうほどです。

価格帯もリーズナブルなものから高級志向まで、非常にバラエティ豊かになりました。そんな便利なレトルト食品ですが、そうした便利さの裏にはそれなりにリスクがあることを忘れてはいけません。それが老化と下痢にまつわる話です
下痢の原因はカップ麺
レトルト食品は簡単に腐らない代わりに多くの添加物が含まれていますし、細胞の活性化を促す酵素が全く入っていません!

ですから、レトルト食品の取り過ぎは、老化を早め、化学物質に敏感な方は早く体外に排出しようと腸が頑張りすぎるため、下痢の原因になることもしばしばです。

ではもっと具体的にレトルト食品についてみていきましょう

ポイント1、レトルト食品は生きた食べ物ではない!
レトルト食品は、残念ながら生きた食べ物ではありません。これは、生きた酵素が全く含まれていない事を意味します。

肌や身体が若返ったり、消化を助けたりという作用には生きた酵素は必要不可欠なので、加工段階によって生きた酵素が奪われてしまったレトルト食品にはそうした作用は期待できません。

私達の体内にある生きた酵素は限られているので、意識的に生きた酵素を摂取しなければいけません。

ですがレトルト食品ばかり食べていると、体内に残された貴重な酵素は食べ物の消化ばかりに使われてしまい、体内で行われている200以上の化学反応に酵素が回らなくなり、細胞の分解・合成のスピードが遅くなったり、それによって代謝が落ちて、身体のあちらこちらに不調が出てきてしまうというわけです。
下痢の原因1
酵素が入っていないレトルト食品ばかり続けて食べるのは止めたほうがよいでしょう。

ポイント2、レトルト食品に含まれるリンが老化を早める
レトルト食品には「リン」という成分が含まれています。リンは、不足すると骨粗しょう症などを招きますが、現代の生活を送っていれば不足するという事はなかなか考えられません。

むしろ、心配されているのが「リンの過剰摂取」です。

アメリカハーバード大学の最新の研究によりますと、リンの過剰摂取は老化を早めることが立証されています。ですからカルシウムの働きを妨げるリンが、沢山含まれているレトルト食品は、老化を早めてしまう食べ物なのです。

そのためには、特別な若返り食品を食べるというよりも、レトルト食品に頼らない食生活がとても大事です。若さを保つためには、自炊が一番という事です。

ポイント3、レトルト食品で野菜が不足! 便を形作る繊維質が足りない
レトルト食品ばかり食べていると、どうしても一品食べになってしまうので野菜が不足してしまいます。野菜の酵素をより効果的に摂取するには、生が一番ですが、生野菜ばかり食べていると体が冷えすぎてしまうこともありますので、下痢でお悩みの方は温野菜にするなど、生にこだわらず野菜を積極的に摂るよう心がけたいものです。

下痢の原因は菌やウィルス
まとめ、こうした理由から、レトルト食品で腸内環境が悪化する
「腸の健康は、若さを保つ」と言われるほど、腸内環境は私達の健康を左右します。ですがレトルト食品ばかり食べていると、野菜不足・酵素不足を招くので腸内に悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなります、その症状の目安として、便秘や下痢があるのです。

ですから腸内環境を整える食品として、ヨーグルト・豆類・キムチなどの発酵食品を摂るようにしましょう。

レトルト食品を上手に活用するには?
レトルト食品の話を主にしてきましたが、スーパーのお惣菜やコンビニエンスストアのお弁当、おにぎりなど、どれも添加物は使用されています。

それらに頼り過ぎないよう毎日自炊することが健康には一番ですが、意識して食事を管理していくことは難しいものです。ですから、レトルト食品を上手に利用して、レトルト食品に少しでも手を加えて、不足している栄養素を補っていきましょう。

例えば
①レトルトカレーに大根の千切りをサラダとして添える。
②発酵食品であるキムチや納豆をカレーの上にトッピングする。
など、レトルト食品だけで終わらない献立にしましょう。

レトルト食品は確かに便利ですし、全くレトルト食品を食べない生活をする方が難しい世の中ではありますが、健康は何にも変えられない大事なものです。

毎日手を加えるのはなかなか難しいと感じる方は、週に一回程度から始めてみるのもよいでしょう。調理も慣れてくれば、そんなに苦ではなくなりますよ。未来の自分の為に出来ることを、少しずつやっていきましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
現代人はもっと腸内環境をつよくしよう
現代は食べ物が多種多様で、季節に変わりなく満ち溢れているので、冬に夏の食べ物を食べるなど、体を温めなくてはいけないのに体を冷やす物を食べています。

これではおなかは悲鳴を上げ、下痢になる人が多くなるのです。

腸内環境は良好であれば、多少の事はおなかで処理してくれますが、おなかの環境が悪い人は少しの刺激でも下痢となって、身体を守ろうとします。
下痢の治し方2
身体を守るのはいいことですが、下痢が長く続くと、生活に支障をきたします。まずは腸内環境を整えて下痢を早く改善しましょう。腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因