下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因はキシリトール

下痢が起こる原因下痢が続く原因は様々ですが、近年は科学も非常に発達し、食品までもその影響は及んでいます。
下痢の原因を考えよう3
下痢の原因はキシリトール
昔なら下痢の原因にはならないはずなのに、合成された便利なものを食することで下痢の原因を作ってしまい、下痢が続く、またいつまでも下痢が治らない人が増えています。

こうした現象は病気でもない、かといって具合は悪いのに、病院へ行って薬をもらっても下痢が一向に治らないなど、下痢が何年も続き、下痢の原因がわからないで、下痢で悩む人が増えています。

例えば、虫歯予防ですっかり有名になったキシリトール
虫歯の原因菌であるミュータンス菌の増殖を抑制するキシリトールは安全性も高いことから、現在では世界中の歯科医師の推薦を受けています。

ただ、このキシリトール、量を多くとると下痢の原因になってしまう諸刃の刃です。
キシリトール入りのガムはおそらく表面にキシリトールがコーティングされているだけなので、量的には微々たるものですから、一度に大量のガムを噛まない限り、下痢を起こすことはまずないと思います。

問題はのど飴などに入っているキシリトールです。これはいってみればまるまる芯の芯までキシリトールが含有されていますから摂取する量が違います。キシリトールの一日の摂取量の上限は20mgといわれていますが、人によって体質が違いますので、ガムを2、3個噛んだぐらいでも下痢になる方は下痢になります。

キシリトールが分類される天然の糖アルコールというものは、非常に消化吸収されにくいという特徴があります。小腸では吸収されずに大腸まで運ばれ、そのまま排出されることがほとんどなのです。
下痢の原因は冷え2
そして水分を含みやすいという性質を持っていることから、大腸に移動した際に大腸の水分を増やしてしまい、下痢を引き起こしてしまうようです。

このような仕組みで起きてしまうキシリトールでの下痢で特に気をつけたいのは子供や高齢者です。キシリトールは幅広い年齢の人が食べることができるものなので、体力があまりない子供や高齢者のキシリトールの食べすぎには注意しておきましょう。

また、近年ではキシリトールに代表されるような予防歯科に人気が出始めています。虫歯予防も実は、下痢の改善と関係があります。
Fotolia_73606495_XS
なぜなら、虫歯は放っておくと、下痢をはじめ全身の様々な不調に繋がるからです。虫歯を治療しただけでひどい頭痛が治った、という話もあります。

噛み合わせの悪さから体が歪み、体が歪むことで腸の動きが阻害され、下痢の原因になっていることもあります。
一見すると全く関係のないことが下痢の原因になっていることは、本当によくあります。

何気ない生活習慣が、下痢を招いているかもしれません。逆に下痢をすることで、身体は生活を改善しないともっと大変なことになりますよ、と教えてくれているのです。

私達人間は食べることによって、健康を維持しています。自然なものを食べていた時代、もちろん、無農薬で、化学物資とは縁のない時代には、原因不明で下痢になる、あるいは長年下痢が続く人はおそらく皆無ではなかろうかと思います。

しかし今日は、 余りにも、化学が発達し過ぎて、下痢の原因となる様なものが代用食品として巷に溢れています。 腸内環境良好であれば、身体に害のあるものは下痢にはならないで自然と排除してくれますが、腸内環境が悪いと下痢となって排除してしまうのです。
下痢を改善する腸内細菌
下痢が続く方、下痢がどうしても治らない方は、一度、腸内環境を良くするサプリメントありますので、試してみましょう。  必ず、身体に変化が表れるはずです。

腸内環境が変わるには2週間くらいかかりますので、最低2週間は飲むといいですよ。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境に変化が見られたなら、相性が合う証拠ですので、強い腸内環境を維持するためにも続けて飲むと、ちょっとしたことでも、環境の変化、心境の変化などには負けない腸内環境となって、下痢にならない丈夫な身体になる事でしょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因