下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因はナッツに?

下痢の原因は様々ですが、下痢の症状も様々です。また一過性の下痢、あるいは下痢が続くなど、下痢の原因によって下痢の症状や続く期間はまちまちです。
下痢の原因を考えよう3
下痢の原因はカシューナッツの食べ過ぎ

普段は下痢をしないのになぜか下痢になった時は、下痢の原因感染症による下痢の原因以外では、必ず日常生活の中にその下痢の原因が潜んでいるものです。

例えば、よくスーパーなどで売ってあるカシューナッツはとても美味しいですが、あのカリッとした食感が病みつきになり、ついつい食べ過ぎてしまう方も多いです。
下痢が原因でトイレに
カシューナッツを過剰摂取すると腹に溜まっていきます。そして食べ過ぎて、おなかが痛くなったり、気持ち悪くなって嘔吐したり、食べ過ぎて腸内で脂肪分と水分が分離するため、便が下痢になり腹痛を伴う事がります。

またダイエット効果があると言われていますが、食べ過ぎると効果はありません。

カシューナッツを食べ過ぎた時の副作用
カシューナッツの様なナッツ類はカロリーが高い事が多く、少し食べるだけならダイエット効果も期待出来ますが、食べ過ぎた場合は逆に太ります。そのため気持ち悪い状態になるまで食べ続ける事は良くありません。

便が下痢になって腹痛がある時は食べ物を摂取するのを控えて、水を小まめに取る摂取方法が良いので、そのように対処しましょう。

その他にカシューナッツでも無塩でないものは注意が必要です。塩が含まれているものは高血圧や糖尿病に繋がるので避けて、加工時に付着した油でニキビが出る事もあるのでそこも考えて食べましょう。
下痢 軟便
カシューナッツは1日の量は片手で掴めるぐらいの量まで食べるのが良いです。ナッツ類は繊維質を多く含みますので、食べ過ぎは下痢の原因になります。また、質量当たりのカロリーも脂質を多く含むために、カロリーオーバーになってしまいます。

ナッツ=痩せるダイエット的にとらえると肥満の原因になります。またナッツ類は元々油を多く含む食品ですから、保存状態が悪いものを食べると、酸化した油を食べることと同じように、肌が荒れたりお腹の調子が悪くなりますので、要注意です。
下痢の原因は冷え2
脳で食べるのではなく腸が好む食べ方をしましょう 
私たちはとかく好きなものを食べるときには幸福感を味わいます。 しかもおなか一杯に食べると本当に至福感に浸ります。ところがそれは決して腸が好む食べ方ではないのです。 

腸が悲鳴を上げているにも関わらず、どんどん脳が食べろ食べろとささやきかけているのです。

例えば糖尿病の人は甘いものを制限しましょうと言われているのも関わらず、このお菓子は好きだから少しくらいはいいよねと脳がささやきます。食べ始めると制止が効かずついついと沢山食べてしまいます。食べ過ぎによる副作用は必ず出てきます。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸はすべての健康を司るところです。腸内環境を整えることは健康で長生きできる秘訣です。腸内環境をしっかり整えればほとんどの病気は改善されてきます。下痢の改善も早くなります。腸内環境を整えるのに必要なサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因