下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因はイチゴに?

下痢の原因は多種多様で下痢の原因を見つけることは難しいようです。

下痢の原因・・・イチゴのキリシトール
というのも下痢は発生してから、数年~数十年も下痢の症状を抱えている人があまりにも多いからです。病院で検査しても下痢の原因は確定できなくて、下痢が慢性化し日常生活に支障をきたしている人々もいます。
下痢の原因は様々です
慢性的な下痢の原因はその殆どが食生活と密接な関係があるようです。普段下痢にはならないだろうと思いる食物もおなかが弱い方には刺激となり下痢になってしまうことがあります。

慢性的な下痢の方は下痢の原因となる様な食べるものには最新の注意が必要です。

これから年末になると様々なケーキが賑やかに店頭に並びます。中でもイチゴのケーキは人気を集める商品です。この美味しいイチゴが下痢の原因になることがあるのです。その下痢の原因となるイチゴをご一緒に考えてみましょう。

下痢の原因はイチゴの食べ過ぎ
真っ赤でとてもジューシーないちごは見るだけでも美味しそうです。スイーツ店ではいちごフェアなどが催され、ショーケースの中はいちごで彩られています。

また、採りたての新鮮ないちごをたらふく食べられるイチゴ狩りなども人気の一つです。しかし食べ過ぎると下痢になる可能性があるのです。
下痢の原因はクリスマスケーキの保存量
 イチゴには虫歯を防ぐ天然の甘味料、キシリトールが果物の中でも多く含まれています。キシリトールはむし歯の発生を防ぐ効果があるのですが、摂り過ぎると、下痢など腹部の不調が生じることがあるのです。1日に30g以上でお腹の調子が悪くなるといわれています。

イチゴのキシリトールの量は乾燥重量100gあたり300mgとされています。イチゴ1パックが300gぐらいなので1パックあたりのキシリトールの量は900mgです。900mg=0.9gなので1パック全部食べたとしても、キシリトールの量は2.7gとなります。

小ぶりなイチゴ10コほどで、1日に必要なビタミンCの量が摂ることができます。だから、小ぶりのいちごなら1日10コ、大ぶりのいちごなら1日5コぐらいがいいでしょう。しかし、イチゴ狩りに行ったらそれでは済まないでしょうが、多く食べ過ぎない様にしましょう。

ですので、普通にいちごを食べるぐらいならキシリトールの量はそれほど気にする必要はないでしょう。ただ、体質によっては少量でもお腹を壊す人もいるので、注意が必要です。また、イチゴの食物繊維に敏感な人も下痢をしやすくなるようです。

下痢の原因になるイチゴの栄養素
肌荒れの対策に効果的なビタミンCがイチゴにはたくさん含まれています。このビタミンCを摂り過ぎた時に、最もよくみられる副作用が下痢となります。
下痢の原因は冷え2
この症状は特にお腹が空いてるときに起こりやすくなります。ビタミンCが腸の運動を活性化させてくれるはたらきがあるためです。

イチゴにはお腹を不調にする物質がビタミンCとキシリトールと2つもあることになります。おなかの弱い方は食べ過ぎに注意しましょう。

下痢の原因を作るキシリトールとは
キシリトールは白樺や樫の木を原料として作られた天然素材の甘味料で、ソルビトールやマルチトールと同じ糖アルコールと呼ばれる炭水化物の仲間です。自然界ではイチゴをはじめ多くの果物や野菜にも含まれています。
下痢の原因は小麦に
キシリトールが分類される天然の糖アルコールというものは、非常に消化吸収されにくいという特徴があります。

吸収されなかった糖アルコールを消化しようとして腸管壁から水分を引き出し、大腸の中の水分が増えるため下痢をしやすくなると言われています。

小腸では吸収されずに大腸まで運ばれ、そのまま排出されることがほとんどなのです。水分の多い便、つまり下痢便となるのです。これらの現象は一過性のものであって身体に害はありません。

また、お砂糖と同じくらいの甘さがあり、口の中で溶ける時に熱を奪うので口に含むとスーッとした冷たい感覚があります。

このような仕組みで起きてしまうキシリトールでの下痢で特に気をつけたいのは子供や高齢者です。キシリトールは幅広い年齢の人が食べることができるものなので、体力があまりない子供や高齢者のキシリトールの食べすぎには注意しておきましょう。
下痢の原因は牛乳に
キシリトールはどの位の量で下痢をするの
牛乳を飲むとお腹が緩くなってしまうという方がいるのと同じで、個人差があるのでどのくらいの量だと大丈夫という目安はありません。人によってはキシリトールガム1粒でお腹が緩くなってしまう人もいれば、何粒食べても大丈夫という人もいます。

お腹が弱い方やお子さま、高齢者は少しの量から摂取してみて問題なければ効果的な量を摂取するようにしましょう。

キシリトールの安全性について
キシリトールは1日の摂取量に制限を与えない食品として扱われています。1983年JECFA(FAOとWHOの食品添加物専門家共同委員会)は、キシリトールの「1日の許容摂取量」に関しては「特定せず」としました。

それはキシリトール摂取量に特別な制限は不必要であるということです。1986年FASEB(Federation of American Societies for Experimental Biology)の専門研究班による報告においても、キシリトールの安全性に重大な懸念はない、と評価されています。
下痢の原因は胆のうに
また、日本では1997年4月に食品添加物として認可されましたが、その10年以上前から点滴の輸液成分として使用されるなど、キシリトールは人体に安全なものとして知られていました。

実は人間の身体の中でも、肝臓で1日あたり約15gのキシリトールが作られていて、私たちの身体とも身近な存在です。

イチゴの農薬散布は下痢の原因に?
イチゴの農薬散布回数はだいたい40回ぐらい、みかんやリンゴも同じくらいだそうです。しかも毎回、「したたるぐらい」かけるそうです。

いちごのツブツブに何十種類もの農薬が溜まり、お湯で洗うと水がにごるぐらいだそうです。だから洗わずにそのまま食べる「イチゴ狩り」は、おなかの弱い人、子供や妊婦にとって危険な食べものとなります。

またイチゴを洗う時、殺菌作用があるということで、塩水で洗う人がいますが、浸透圧で表面の残留農薬が中身に浸みこんでしまうので、余計に危険だそうです。

元々、イチゴの旬は4~6月だったのだが。ショートケーキなどのピークがクリスマスになるのでそれに合わせるように旬もずらしていったようです。

旬をずらしたので苗づくりから収穫までの期間が、これまでの約7ヶ月から1年を超えるようになってしまい、それで栽培期間が長くなって農薬の回数も増えたようです。

後はビニールハウス内は自然とは違い、人工的に「春」を作り出すのだがその高温・多湿なハウス内は病害虫にとって住みやすく、それにともない農薬も増えていったようです。

収穫前日まで農薬約60品目が使用ができるとも言われています。最近は日本のイチゴの残留農薬が強すぎて、台湾に出荷できないというニュースがNHKで放映されました。農薬使用量が台湾の基準の200倍もあるそうです。

おなかの弱い方は、農薬に敏感な方は下痢の原因となるかもしれませんので、イチゴを良く洗って食べるか、食べ過ぎない様にしましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢改善の秘訣は腸内環境を良好する
同じものを食べても下痢になる、下痢にならない人の違いは腸内環境の違いにあるようです。腸内環境が良好な人は腸内が正常に働き、有害なものを排出する能力も大きいものです。

腸内環境を良好にするサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢の改善は一段と早くなります。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因