下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

過敏性腸症候群は謎が多い

過敏性腸症候群は謎が多い
長期間下痢が続く、すぐに下痢になる等、下痢の原因として過敏性腸症候群がありますが、これはごく一般的な消化器の不調です。
下痢の原因を考えよう2
この過敏性腸症候群に悩む人にとっても、治療にあたる医師にとっても謎の多い症候群です。

というのも 、はっきりした原因が分からないからです。
しかし、下痢になるという事は腸内環境が正常になっていないことが大きな原因です。

まずは腸内環境を整えることを心がけましょう。

過敏性腸症候群は、胃潰瘍や関節炎などとは違い様々な検査、臨床検査、X線検査、内視鏡検査などをしても過敏性腸症候群であるかどうかを確認することはできません。

つまり異常が見当たらないという事です。過敏性腸症候群は食道から直腸まで、消化管のあらゆるところに見られます。
過敏性腸症候群は下痢の他腹痛、便秘などの症状もあります。

先進国では成人の5人に1人程度が過敏性著症候群に悩んでいます。おなかの不調で診察に来た人の約半数が過敏性腸症候群と診断されています。
若者の腸が危ない
また過敏性腸症候群と診断された人の半数はうつ病、不安障害の症状がみられています。

しかし、過敏性腸症候群は命にかかわる疾患ではしありませんが、生活の質がどれだけ低下するかをよく知っています。食事をするたびに腹痛や下痢があるとすれば、友人や家族と外食することの難しくなってきます。

また旅行、家事、性交、余暇活動、ある種の食べ物の摂取を避けるなど活動が制限されてきます。いつなんどき切迫した便意が襲ってくるか分からないと思うとやりたい事もなかなかできないのが現状です。

 英国では800万人前後の人が過敏性腸症候群で悩み、1年間の欠勤日数は17日、アメリカでは過敏性腸症候群のない人の欠勤数が8.7日に対して症状がある人は14.8日となっています。

実際、過敏性腸症候群は風邪と同じくらいポピュラーな病気となっており、欠勤の増加や、下痢を伴う過敏性腸症候群では社会活動の制限がなされ大きな社会的影響を及ぼします。
下痢が原因でトイレに
 過敏性腸症候群のある人の割合は男性、女性もあまり変わりませんが、受診する人は女性の方が多いようです。約半数の人は35歳未満で症状が出始め、35歳~40歳の人が40%を占めているほどです。

一般に、高齢者になると症状は出にくくなりますが、中には高齢になって症状が出る人もいます。高齢者の方は、過敏性腸症候群かどうかは、腸の病気が隠れている場合がありますので、必ず検査をしましょう。

 いずれの場合も、疾患ではありませんが、腸のトラブルには間違いありません。 下痢の原因となる過敏性腸症候群の方は腸内環境が非常に悪くなっています。腸内善玉菌が少なくなって悪玉菌が多くなっている腸内環境になっています。
Fotolia_73606495_XS
腸内が荒れて正常な活動が難しくなっているのです。ですから腸が異常に過敏になり、敏感に反応しているだけなのです。
下痢の原因となっている過敏性腸症候群を改善するのは腸内環境を善玉菌の多い環境にする必要があります。

腸内善玉菌を強化するサプリメントを利用すると早く下痢の原因となる過敏性腸症候群が改善されます
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は腸内環境から
健康の要は何といっても腸内が健康であることです。腸内フローラ―が良好であることです。

腸内環境が整っていると、腸内で有害な物、有益な物を識別して、悪い物は排出してくれます。おなかが弱い方は良いものまで排出してしまいますので、下痢が続く方はなかなか栄養の吸収が十分できなくて、不調の原因になったりしてしまいます。

腸内での正常な機能が果たされれば、下痢にならなくて済みます。同じものを食べても下痢になるならない人は腸内環境の良し悪しで決まります。まずは腸内環境を整える事から始めましょう。そうすると下痢の改善は一段と早くなります。

PageTop

「下痢が続く(慢性的な下痢)」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因