下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因は消化不良

下痢が続く原因は様々ですが、食べすぎや飲みすぎでお腹を壊した!・・・という経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

下痢が続く原因は消化不良

食べすぎ、飲みすぎは、腸の消化機能が追いつかないために、食べ物から十分な栄養素や水分を吸収しきれないまま排泄してしまうのです。

これを「消化不良」と言います。

 水分やアルコールの飲みすぎも消化不良に繋がります。少量の水分やアルコールであれば、適度なお通じを促してくれる効果があるのですが、量が多すぎると腸の粘膜が荒れてしまうのです。

大量のアルコールは特に腸にとっては負担となってしまいます。
 その他、「消化に良くないよ」という表現をするのはどんなときかを考えてみましょう。

下痢の原因になりやすい時
・  冷たいものをたくさん食べたとき。
・  よく噛まずに食べたとき。
・  早食いをしたとき。
・   寝る直前にたくさん食べたとき。
     などなど・・・。
下痢の原因は消化不良
これらは確かに「腸が食べ物を消化しにくい条件」と言えます。この条件が重なるほど、下痢になりやすいということになってしまいますね。

温かいものや柔らかいものが消化によい理由もわかります。下痢が続いているときは、腸に優しいものを食べるようにしましょう。

 とはいえ、柔らかいものばかり食べているとあごが弱くなったり、口での消化が十分に行われないこともあります。
口は消化器官の入り口なのです。

それに、いつでもどこでも柔らかい食べ物が用意できるとは限りませんし、繊維質な食べ物はよい便を作る手助けをしてくれる重要なものです。

同じようなものばかり食べていては栄養だって偏ってしまいますね。
食べ物を選ぶより大切なこと、それは、 しっかり噛む、ゆっくり食べる。時間帯を考えて食べる。
ということなのです。

すでに下痢になってしまっているときは腸に優しい食べ物を選ぶことも大切なのですが、下痢にならないようにする(便秘にならないようにする)には、「腸に優しい食べ方」をすることのほうが大切なのですね。

夜遅くには食べないということも忘れないようにしましょう。
 もちろん、イベントや年末年始の暴飲暴食もお気をつけてくださいね。ちょっとはめをはずしてしまった翌日は、おかゆやスープなど「腸に優しい食べ物」で腸も体も休ませてあげてください。
下痢を改善する腸内細菌
下痢の改善は腸内環境から
納豆菌の中には消化を助け腸内の善玉菌を増やす働きがあるものがあります

また、腸内環境が正常であれば、たとえ腸内に悪いものが入ってきたとしても、腸内で増殖しない様に、あるいは素早く排出することができるため、長く続く下痢に悩まされることもなくなります。

下痢の改善には腸内環境をしっかり整える事が大切です。腸内環境を整えるのに必要なサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。
下痢の治し方2
「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。

何を食べても下痢にならない人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。腸内環境を強化すると、下痢の改善は早くなります。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因