下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

女性の下痢の原因に月経

下痢の原因は様々ですが、今日は女性特有の下痢について一緒に考えていきましょう。

女性の下痢の原因のひとつに月経が!

月経が近づいてきたあたりから月経中、下痢になってしまう人もいます。
この場合下痢の原因は月経の時に分泌される「プロスタグランジン」というホルモン様物質が原因です。

プロスタグランジンは子宮を収縮させる効果があるので、痛みも発生する場合があります。ちょっと困る存在ですが、出産時の陣痛を起こす効果もあり、女性にとってとても重要なものなのです。

 ところが、プロスタグランジンには「腸の働きを活発にする」効果もあることがわかっています。プロスタグランジンの分泌量が増える月経前から月経中に下痢になってしまうというわけです。

非常に個人差があるもので、プロスタグランジンに対して特に腸が反応しない方もいますし、毎月決まって反応してしまい、下痢に困る方もいらっしゃいます。

 過去、とくに問題なかったのに、体質の変化によってプロスタグランジンに対して敏感になる方もいます。
加齢や病気などとは無関係とされています。

月経に伴う下痢の時、子宮や腸の血管や神経は収縮し、緊張している状態になります。
そのため、対処法としては、子宮や腸周辺の緊張をほぐしてあげるようなことをすることです。
 一番簡単なのは、よく暖めてあげることですね。

仕事などで同じ姿勢を続けることが多い方は、休み時間やトイレタイムを上手に使って簡単なストレッチをしてみましょう。手で暖めてあげるだけでも違います。ゆっくり入浴するのもおすすめです。血流がよくなると、だいぶ症状が和らぐでしょう。

下痢がひどくてストレッチをするほどの余裕がない、という方は、無理をせずに薬を飲むようにしましょう。
市販されている生理痛の薬がプロスタグランジンの分泌を減らしてくれます。

 「薬はできるだけ使わないほうがよいのでは・・・」と思われるかもしれませんが、決まった量・用法で飲めば、大きな副作用は発生しません。

もちろん、安易に飲むことはおすすめしませんが、我慢を続けるほうが生活に大きな支障を来す場合がありますし、毎月のことなので精神的にもダメージが大きくなってしまいます。

薬を飲む場合には、プロスタグランジンが分泌される前に飲むのが有効ですので、来たかな?と思ったタイミングで早めに飲むようにしましょう。

また、慢性的な下痢で悩んでおられる方は腸内活動が乱れている可能性が十分にあります。まずは腸内環境を良くして見ましょう。腸内環境を良くするのに必要なサプリメントがありますので、上手に利用してみましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事