下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は食品添加物の毒

下痢の原因は食品添加物の毒
食品添加物は食べ物とは違います。食べ物は炭水化物やタンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラル、せんいなどを含んでいて私達の体を育むものです。
下痢の原因を考えよう3
しかし、食品添加物は保存に使われるもので、業者にとっては都合のよいものですが、消費者とっては、殆どメリットがありません。
それどころか食品添加物を摂り続けると微妙な変化が体に起きるのです。
下痢の原因は胃腸の機能低下
胃腸の敏感な方は胃部不快感、下痢の原因になるなど、動物実験では分からない事が多くあります。ですから動物実験で安全性が確かめられたからと言って本当に人間に安全なものとは限りらないのです。

あくまでも動物実験の結果に基づいて「害はないだろう」と推定しているだけです。動物に害のあるものは人間にも害があります。
逆に動物に害のないものは、人間にも害がない可能性が高いのも事実です。

しかし、これらはあくまで可能性であって動物に害がないものが、人間に対して本当に害がないかは分からないのです。人間は動物よりも敏感なところがたくさんあるからです。
下痢の原因はカップ麺
例えば、胃部不快感を考えてみると、カップラーメンやポテトチップなど添加物の多い食品を食べた場合、胃が重苦しくなったり、張ったように感じたり、気分が悪くなるという経験をした人は少なくないでしょう。

動物では「気分が悪い」「胃が張る」「胃が重苦しい」などの微妙な症状を調べることができません。また口の中や食道などへの刺激感、更に添加物が消化管から吸収されると、体が熱くなったようで不快な状態、アレルギーを起こすか、ホルモンをかき乱すか、なども動物で調べることはできません。
下痢の原因は菌やウィルス
動物実験で調べられるのは、急性中毒、発ガン性、催奇性、肝臓や腎臓、血液などの毒性、体重増加抑制など症状がはっきりわかるものだからです。

こうした食事の度に、口の中が刺激されたり、胃が張ったり、気持ちが悪くなったり下痢の原因になったりするのではたまりません。 毎日口にする食べ物は下痢や胃部不快感など微妙な影響がとても重要なのです。

そういう症状があれば直ちにその食品を止めればよいのですが、余りにも多い添加物に囲まれていますからどの食品が下痢の原因になったり、胃部不快感を起こすのか分からなくなってしまいます。そうした影響を受けないために添加物の含まれていない食品を食べましょう。

下痢が続いてなかなか治らないなど、下痢の原因の一つに、腸内が荒れており、腸内環境が非常に悪くなっていることが考えられます。腸内環境を強化するサプリメントで一刻も早く改善しましょう。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は良好な腸内環境から
急な下痢
慢性的な下痢は殆どが腸内環境の良し悪しが関係しています。腸内環境が整っていると身体に害となるものを素早く排出します。

この時は一過性の下痢になることがありますが、慢性的な下痢になることは殆どありません。腸内が正常に働くように、腸内の環境をいつもきれいに整えます。

しかし腸内環境が悪いと、腸内の正常な働きができなくて続く下痢をはじめ様々なトラブルが発生します。まずは下痢の改善のためには腸内環境をしっかり整えましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因