下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢と食べ合わせ

長く下痢が続く方は、下痢の原因を作っている可能性があります。

下痢と食べ合わせ
下痢が続く原因は様々ありますが、気づかないうちにその一つが食べ合わせです

昔から言い伝えられているものがたくさんありますが、その信憑性を疑っている人も多いのではないでしょうか? 

近年では研究が進み、食べ合わせに関する警告も科学的に裏づけがなされるようになってきました。下痢が続く下痢の原因となる食べ合わせの代表的な例として次のものが挙げられます。

・天ぷらとスイカ
水分の多いスイカと脂分の多い天ぷらを同時に食べると、胃液がスイカの水分で薄まり、消化不良を引き起こす可能性があります。もともと油っこいものを食べると下痢になりやすい人、もともと下痢気味の人は避けたほうが無難です。

・カニと柿
傷みやすいカニと、消化の悪い柿の組み合わせ。蟹も柿も体を冷やすので、一緒に食べると身体を冷やしてしまいます。冷え性の人は症状が重くなるので、要注意です。もちろん、冷えから下痢になりがちな人は止めましょう。

・トコロテンと生卵
どちらも消化に時間がかかり、胃に負担がかかりがちです。消化力の落ちているときは避けたほうがよいでしょう。

他にもまだまだ危険な食べ合わせは多くあります。共通点をみていくと、体を冷やす食べ物同士、水っぽいものと油っこいもの、という組み合わせが消化不良を招く原因になるようです。また、食べ合わせは大丈夫でも、やはり何か一品目に偏っての過剰摂取は栄養面から見てもよくありません。

「○○だけダイエット」のように、近年では特定の食品だけを食べて体重コントロールをしようというダイエット方法がたくさん見受けられますが、どれも適宜、ほどほどに行うのが肝要です。また、これさえ食べれば大丈夫!という謳い文句にも要注意です。

私たちの体内は絶妙なバランスによって成り立っています。体を構成する栄養のバランスも然り。全てを網羅するような便利な食品は添加物の存在を疑ったほうがよいかもしれません。

一日に摂取したほうが良い食品の品数は30品目といわれています。あくまで理想ですが、一つの目安として、様々な食品から栄養を摂取するよう、心がけたいものです。



下痢が続くと、腸は正常な働きが出来なくなって、消化・吸収などがスムースに行われにくくなります。またビタミンや酵素、ホルモンなどの産生も十分にできなくなってしまうなど健康維持に影響してきます。

下痢が改善され、腸内が正常に働くようになるには、まず腸内環境を整えなければなりません。

それには腸内をしっかりメンテナンスしてくれる腸内善玉菌をたくさん摂りいれましょう。善玉菌を増やすのに必要なサプリメントがありますので上手に利用しましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。

何を食べても下痢にならない人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。腸内環境を強化すると、下痢の改善は早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

食べ物・飲み物による下痢の最近記事

関連記事